育てる

育てる

スナップエンドウをたくさん収穫するには?「晩秋に種まき・芽出しして冬を越す」

スナップエンドウは春と秋の2回種まきできますが、秋に種まきして芽だしした状態で冬を越すと花がつきやすく収穫量をふやすことができます。春になって側枝が伸び始めたら、脇芽の先端から15㎝くらいの柔らかい部分を豆苗として食べることができます。
育てる

ミニダイコンの育て方、2ℓのペットボトルで空中栽培がおすすめ

ミニダイコンは、2ℓのペットボトルを縦に使って栽培すると場所も取らず空中栽培も可能です。ペットボトル1本にミニダイコンを1本ずつ育てるので、種まきの時期を少しずつズラして育てると、順番に収穫できるので便利ですよ。
育てる

茎ブロッコリーを美味しく育てるには?「米ぬかをリング状にまく」のがポイント!

茎ブロッコリーは、草た目が1m程のびて頂点に花芽がつくころ、株もとから5cmほど離れた場所に米ぬかをぐるっとリング状にまいておくと、甘くておいしく育ちます。ここでは、おいしい茎ブロッコリーの育て方をご紹介!
育てる

春菊を長く収穫するには?「摘み取りタイプ・”株立ち型”の品種」を育てよう!

春菊には、株元から側枝がたくさん出てくる”株張り”タイプと、脇芽が伸びやすい”株立ち”タイプがあり、長く収穫するには”株立ち”タイプを栽培します。次々と脇芽を収穫するので、水やりと追肥を欠かさないなどのポイントをまとめて解説します。
育てる

ブロッコリーの収穫何回できる?小さくなるけど3~4回は収穫できます!

ブロッコリーの品種には”頂花蕾専用品種”・”頂花蕾・側枝花蕾どちらも収穫できる品種”・”側枝花蕾専用品種”の3パターンあります。その中で”頂花蕾・側枝花蕾どちらも収穫できる品種”ならおよそ半年の間に3~4回は収穫できます。ここでは繰り返しブロッコリーを収穫する方法を分かりやすく解説しています。
育てる

かぶを割れないように育てる方法、3回の間引きでゆっくり大きくする!

かぶ栽培でみが割れないよう育てるポイントは、間引きを3回に分けて行うことです。こうすることでゆっくり実を太らせることができ、割れにくくなります。ここではかぶの間引きするタイミングから育て方までを分かりやすく解説しています。
育てる

カボチャを甘く充実させるには?「根っこを深く育て葉の枚数を多くする」

カボチャを甘く育てるには、土中の養水分を良く吸収できるよう根っこを深く育てること。また、実のついた先のツルに葉を10枚以上展開させると、炭水化物がたくさん作られ甘いカボチャが収穫できます。さらに寒冷地以外は、真夏より秋に収穫できるよう調整すると良いでしょう。
育てる

大きなピーマンを収穫する方法は?「1個収穫したら脇芽を1か所摘み取る」

大きなピーマンを収穫するには、実を1つ収穫したら内側に伸びる脇芽を1か所カットします。こうすることで、花の数を抑制することができるからです。また、ピーマンの樹勢が弱ってきたら、実を小さいうちに収穫しておくと養水分が茎葉に供給され、長く収穫を楽しむことができます。
育てる

ナスを長く収穫する2つの方法、ポイントは「V字栽培」と「枝と根を切る」

ナスはムダな花がないといわれるほど育てやすい野菜ですが、栽培方法はいくつかあります。なかでも脇枝2本を伸ばす「V字栽培」では、長い間同じ株から収穫することが可能です。また、収穫の最盛期に枝と根っこを切ると、株が若返り秋以降まで収穫が見込めます。
育てる

さつまいもを甘く育てるには?「栄養の少ない場所で、縦に植えて栽培する」

さつまいもは土に栄養分が少ないほうが甘く育ち、逆に栄養分が豊富にあるとつるばかり伸びてしまい、水っぽくなってしまいます。また、縦に苗を植えると葉で作られた養分が転流されやすくなり、丸くて甘いいもに成長します。
育てる

枝豆にマメが入ってない!?基本「種まきは2~3粒まき2本立ちで育てる」

枝豆のさやにマメが入ってないのは、タンパク質の合成に必要な水分が不足しているから。 なので枝豆の種をまくときは、1穴に2~3粒の種をまき、最終的に2本立ちで育てると、互いに助け合って根を深く伸ばし、実入りの良い枝豆を育てるこ...
タイトルとURLをコピーしました