育てる

育てる

トウモロコシをプランターで育てるコツとは?「大きめ容器で2回タネまき」

トウモロコシは「肥料食いの王様」といわれるほど肥料を欲しがる植物のため、大きめの容器で育てると根があって実を充実させることができます。また雄花と雌花別々につき成長タイミングも違うため種まきのタイミングをずらして、1度に3~4株以上育てると確実に受粉できます。
育てる

小玉スイカをプランーで育てるには?容器の大きさと土の量がポイント!

小玉スイカは畑がなくても、標準サイズのプランターでも栽培が可能です。ただし収穫量は土の量に左右され、土量が多い栽培容器を使っても1株2果までですが、日当たりが良ければ省スペースでも育てられます。また、家庭菜園初心者なら市販の接木苗から始めるのがおすすめです。
育てる

メロンをプランターで育てる方法、「子ヅルを伸ばして孫ヅルに実をつけさせる」

メロン栽培では子ヅルを2本伸ばし1本に1果受粉させるため、1株で2個のみの収穫です。作業工程が多く手間がかかりますがプランターでも栽培が可能で、動揺の育て方でプリンスメロンやマクワウリにも挑戦できます。
育てる

ナスの上手な栽培方法とは?「接木苗」を選んで8月に更新せん定する

ナスを上手に育てるには接木苗を使い、8月に枝を切り落とす”更新せん定”することでプランターでも秋ナスまで収穫できます。また、ナスは肥料食いな野菜ですが、生育初期に肥料が効きすぎると花が落ちて収穫に至りません。また夏の高温な時季には朝夕2回の水やりが必要です。
育てる

タマネギ栽培のコツ「大玉なら春に種まき・収量を増やすなら秋に小苗を植える」

タマネギ栽培では、冬の寒い時期に茎の太さが6㎝を超えると春に花が咲いて収穫することができません。そこで、種まきの時期を早くしたり定植する際に小さい苗を利用することで、実を大きくしたり収穫量を増やすことができます。また家庭菜園初心者の方は市販苗を利用するのがおすすめですよ。
育てる

イチゴの育て方、甘い実をつける方法とは?ポイントは「病害に強い苗づくり」

イチゴを大きく甘い実に育てるには病害に強い苗を育て、株の大きさに合わせて栽培方法を変えていきます。小さめの苗は、深いプランターに定植し温室などで栽培すると収穫量が増やせます。また、大きめの苗は浅めのプランターや鉢などに浅く植え付け、春に地温を上げて成長を促すことで大きい実が収穫できます。
育てる

スーパーで買ったブロッコリー、食べ残した茎から再生栽培する方法

スーパーで買ったブロッコリーの茎をそのまま水に浸けておくとやがて根っこが出てきます。そのブロッコリーの茎を土に植えて育てる(再生栽培)とまたブロッコリーを収穫することが可能です。また、1度収穫が終わったブロッコリーの株から挿し穂を取って再生栽培することもできます。
育てる

エダマメ栽培で収穫量を増やす方法とは?1つの苗から2株育てる!

エダマメ栽培で収穫量を増やしたい場合、苗を挿木で育てる方法があります。種から双葉と初生葉が伸びてきたら、断根・摘心して双葉(子葉)と初生葉部分を挿木で育てます。こうすることで1つの苗から2本の株を育てることができ、収穫量が増えるのでぜひ挑戦してみてください。
育てる

スナップエンドウをたくさん収穫するには?「晩秋に種まき・芽出しして冬を越す」

スナップエンドウは春と秋の2回種まきできますが、秋に種まきして芽だしした状態で冬を越すと花がつきやすく収穫量をふやすことができます。春になって側枝が伸び始めたら、脇芽の先端から15㎝くらいの柔らかい部分を豆苗として食べることができます。
育てる

ミニダイコンの育て方、2ℓのペットボトルで空中栽培がおすすめ

ミニダイコンは、2ℓのペットボトルを縦に使って栽培すると場所も取らず空中栽培も可能です。ペットボトル1本にミニダイコンを1本ずつ育てるので、種まきの時期を少しずつズラして育てると、順番に収穫できるので便利ですよ。
育てる

茎ブロッコリーを美味しく育てるには?「米ぬかをリング状にまく」のがポイント!

茎ブロッコリーは、草た目が1m程のびて頂点に花芽がつくころ、株もとから5cmほど離れた場所に米ぬかをぐるっとリング状にまいておくと、甘くておいしく育ちます。ここでは、おいしい茎ブロッコリーの育て方をご紹介!
広告
タイトルとURLをコピーしました