育てる

育てる

カボチャを甘く充実させるには?「根っこを深く育て葉の枚数を多くする」

カボチャを甘く育てるには、土中の養水分を良く吸収できるよう根っこを深く育てること。また、実のついた先のツルに葉を10枚以上展開させると、炭水化物がたくさん作られ甘いカボチャが収穫できます。さらに寒冷地以外は、真夏より秋に収穫できるよう調整すると良いでしょう。
育てる

大きなピーマンを収穫する方法は?「1個収穫したら脇芽を1か所摘み取る」

大きなピーマンを収穫するには、実を1つ収穫したら内側に伸びる脇芽を1か所カットします。こうすることで、花の数を抑制することができるからです。また、ピーマンの樹勢が弱ってきたら、実を小さいうちに収穫しておくと養水分が茎葉に供給され、長く収穫を楽しむことができます。
育てる

ナスを長く収穫する2つの方法、ポイントは「V字栽培」と「枝と根を切る」

ナスはムダな花がないといわれるほど育てやすい野菜ですが、栽培方法はいくつかあります。なかでも脇枝2本を伸ばす「V字栽培」では、長い間同じ株から収穫することが可能です。また、収穫の最盛期に枝と根っこを切ると、株が若返り秋以降まで収穫が見込めます。
育てる

さつまいもを甘く育てるには?「栄養の少ない場所で、縦に植えて栽培する」

さつまいもは土に栄養分が少ないほうが甘く育ち、逆に栄養分が豊富にあるとつるばかり伸びてしまい、水っぽくなってしまいます。また、縦に苗を植えると葉で作られた養分が転流されやすくなり、丸くて甘いいもに成長します。
育てる

枝豆にマメが入ってない!?基本「種まきは2~3粒まき2本立ちで育てる」

枝豆のさやにマメが入ってないのは、タンパク質の合成に必要な水分が不足しているから。 なので枝豆の種をまくときは、1穴に2~3粒の種をまき、最終的に2本立ちで育てると、互いに助け合って根を深く伸ばし、実入りの良い枝豆を育てるこ...
育てる

オクラの実が固くなるのはなぜ?1本立ちで「養分過多」になるのが原因

オクラは、花が咲き受粉すると健全な子孫を残そうとして、養分を実に集中させます。 この時、競合が少ない1本立ちで育てると、光エネルギー・養分・水分を独り占めにできるため、株の勢いが強くなりすぎ、葉で作られた養分を優先的に実に回...
育てる

ニンジン栽培で、まっすぐ甘く育てるには?種まきで品質が決まる!

家庭菜園でニンジンをまっすぐ甘く育てるには、肥料分の少ない土に筋状に種をまきます。そうすることでニンジン自体の生命力を引き出しおいしくなります。なので、種まき次第で品質が左右されることにもなるのです。
育てる

トマト栽培で収穫量を増やすには?枝を切って捻る「連続摘心栽培」なら収量が2倍!

一般的なトマト栽培では脇芽をかいて1本立ちに仕立てますが、そのセオリーに反し脇芽を伸ばす「連続摘心栽培」にすると、収穫量を増やすことができます。一緒に「捻枝」というテクニックを使うと、美味しいトマトに仕上がりますよ。
育てる

サニーレタスに虫がつかない方法はある?絶対じゃないけど、予防策はある

サニーレタスにはアブラムシやナメクジなどがつきやすいですが、害虫の特徴を知ることで効率よく防げたり、駆除することができます。家庭菜園を楽しむためには、植物の育て方だけでなく害虫に関する基礎知識も必要です。
育てる

ベランダ菜園で虫がつきにくい野菜と、害虫から野菜を守る予防策

ベランダ菜園は限られたスペースなので、虫がつきにくい野菜を選び防虫対策して野菜作りすると良いでしょう。また、短いサイクルで収穫できる一年草の野菜を選ぶと、虫がつきにくく収穫することができます。
育てる

家庭菜園を室内で始めるなら、虫がつきにくい水耕栽培がおすすめ

家庭菜園を身近な室内で始めるなら、虫がつきにくく草むしりも不要な水耕栽培が簡単でおすすめです。絶対虫がつかないとは限りませんが、身近なもので始められる水耕栽培は、天候にも左右されないので家庭菜園初心者にもおすすめです。
タイトルとURLをコピーしました