トマトを甘く育てる3つの要素とは?「水やり・肥料・エダマメ・品種選び」

枝豆とトマトの画像

大玉やミニトマトなど、どんな品種のトマトでも甘く育てるポイントは

  • 水を与えすぎないこと
  • 元肥に米ぬかを足す
  • エダマメと一緒に育てる
  • 品種選び

トマト栽培では水を与えすぎると、地中で根が蒸し焼き状態になり、甘みが出なくなることがあります。

また、「甘くなる」といわれるコツはいろいろあり、土が変わるだけで敏感に反応して、甘さが引き立つ品種もありますが、ぜひ「甘い」としっかり書いてある品種を選んで育てましょう。

▼楽天でタネを見る▼
甘〜いトマト 甘九郎 0.7ml

目次

広告

トマトを甘くするには「水やりを控え枝豆と混植する」

トマトの甘みが出ない原因として、水の与えすぎるが挙げられます。

トマトはアンデス高原が生まれ故郷なので、雨が降らない環境に適応するため、早茎の表面に細かい毛が生えています。これらの毛は露を貯めて地表に落とし、吸水して適度な水分を取り入れることができます。

なので水を与えすぎると、根が蒸し焼き状態になり、甘みが出なくなることがあります。

また、トマトは砂漠に近い環境の乾燥地生まれのため、地表直下に根を水平にめぐらします。そのため、畑で栽培する場合は、水はけがよくなるよう、山形の畝や高畝に植え付け、畝の下に水が流れやすい向きに刈草を敷くと良いでしょう。

また、トマトの両脇には枝豆を植えることで、余分な水分を吸収しチッソを固定するため、トマトの育ちや味が良くなることがあります。

乾燥を好むトマトと水を好む枝豆の混植は相性が抜群です。

トマトの畝肩でエダマメを育てると、エダマメが水分を良く吸って、トマトが水っぽくなるのを抑えてくれるからです。

さらに、雨よけを設置しておけば、トマトの糖度をアップさせることもできます。

プランター栽培の場合

深さがある野菜用のプランターか、発泡スチロール箱を利用するのがおすすめです。

浅いプラスチック製のプランターは、外気温の影響を受け内側の土に伝えるので、極端に土壌温度が上昇します。日本の真夏では、日中は40度を超すこともあるため、プランター内部の根はほどんど蒸し焼き状態になり、根の機能がうまく働かなくなります。

そこで、深さがあるプランターや発泡スチロール箱にトマトを植え、直接雨が当たらない軒下などにおいて、水やりを減らすと良いでしょう。

水やりの目安は、トマトの葉が、手のひらを上にして指を曲げたような状態。逆に、葉が水平か、手のひらが下向きになるようなら、水分が多い状態だと考え水やりを控えましょう。

肥料と品種

トマト栽培では、元肥に米ぬかを少し足して与えましょう。目安としては、1株当たり指でつまんでパラパラと加える程度。

また、植える土に干したミカンの皮ともみ殻くん炭を入れると、トマトの苗が病気になりにくく、シーズン最後まで元気に収穫できるようになります。

トマトの品種によっては、土や肥料が変わるだけで敏感に反応し、甘くなるものもあります。水やりの量や日当たり・塩水やお酢によって甘くなるともいわれますが、まずはタネや苗に「甘い」としっかり書いてある品種を選んで試してみてください。

土に混ぜるミカンの皮は、天日干ししてミキサーで粉末にするか、ハサミで細かく刻んでおきます。

一緒に、もみ殻くん炭をトマト苗の植え付けの際に加えると、丈夫に育ちます。

▼楽天でタネを見る▼
甘くて沢山収穫できる高品質ミニトマト

まとめ

トマトを甘く育てるには、水やりを控えめにして、スペースがあるならエダマメと一緒に植えると良いでしょう。

また、植える土に干したミカンの皮ともみ殻くん炭や、米ぬかを足すと病気になりにくく、元気にシーズン最後まで甘いトマトが収穫できます。

トマトの種まきは、品種によって3月~4月。種まきに出遅れたら、ホームセンターなどで茎が太く、節間は短く葉が伸び伸びと開いてる、「甘い」品種苗を購入しましょう。

▼楽天で苗を見る▼
4/13頃〜発送 うす皮ミニトマト苗 ぷちぷよ

タイトルとURLをコピーしました