トマト栽培で収穫量を増やすには?枝を切って捻る「連続摘心栽培」なら収量が2倍!

通常のトマト栽培では、中心の太い茎(主枝)だけ伸ばして仕立てるのが基本ですが、多くを収穫することができません。

一方、「連続摘心栽培」にすると手間はかかりますが、うまくいけば通常のおよそ2倍の収穫量が見込めます。

ここでは、トマトの収穫量を増やす栽培法「連続摘心栽培」について、解説します。

「連続摘心栽培」法とは?

トマトは種まき後、本葉が7枚付くと、生長点に花芽を付けます。

次に生長点のすぐ下に脇芽が伸び、葉が2枚展開すると、再び頂部に花芽ができます。

また、それぞれの葉の付け根には脇芽があり、これが伸びて、葉が2枚展開すると花が咲きます。

このように、トマトは脇芽を発生させながら、地面を這って生育することを好みます。

一般的なトマト栽培では、管理しやすいよう主枝を伸ばし脇芽をカットして1本立ちにしますが、「連続摘心栽培」は、トマト本来の生育に合わせ、脇芽を伸ばして実を成らせます。

ですが連続摘心栽培では収穫が増える分、栄養が行き届かなくなり、実は小さく旨味も減ってしまいます。

そこで、おいしいトマトを収穫するため、捻枝(ねんし)という手段を取ります。

捻枝とは「枝をひねること」、実と枝の分かれ目部分をひねることで、強制的に果実に栄養を集中させるテクニックで、「連続摘心栽培」と「捻枝」はセット作業です。

連続摘心栽培の手順

【栽培前の準備】

まず、連続摘心栽培では1株の収穫量が通常の約2倍となするので、果実の重みに耐えられるよう、しっかりとした支柱を立てます。

また、葉が茂りすぎないよう雨よけがあると良いでしょう。

トマトの原産地・南米アンデス山地は雨が少なく、霧が良く発生します。トマトの茎葉に毛がたくさん生えてるのは、根からだけでなく、茎葉からも水分を吸収するためです、

ですが雨の多い日本の夏は、茎葉から吸収する水分が多くなりすぎ、過繁茂になってしまいます。なので、本州の夏秋栽培では雨よけをすることをおすすめします。

【摘心栽培の手順】

①定植後、主茎には第1花房に続き、第2花房も開花しますので、その上の葉を2枚残して目を摘み、第2花房直下の脇芽を伸ばします。他の脇芽はすべて取り除きます。

②やがて、脇芽にも葉が2マイ展開すると、花が咲きますので、第2花房まで開花させ、その上の葉を2枚残して摘み取ります。第1花房直下の脇芽を伸ばし、他の脇芽はすべて取り除きます。

③これを繰り返し、残した脇芽の第2花房までを開花させ、その上の葉を2枚残して摘み取ります。第1花房直下の脇芽を伸長させ、他の脇芽はすべて取り除きます

④すべての脇芽は、第2花房の着果を確認したら、第1花房下の茎を指でt部して曲げ(捻枝)、支柱にひもでしっかりと固定します。(茎をつぶさないでまげると、折れてしまいます)

文章では伝わりにくい…と思う方は、下記の動画を参考にしてみてください。

まとめ

「連続摘心栽培」は、トマトの成長に合わせて茎を手入れしていく方法で、手間はかかりますが収穫量が2倍にまで増え、トマトも甘く育つメリットがありますが、捻枝をするには力加減が難しく、ある程度の経験が必要です。

トマトは育てやすい野菜ですが、脇芽かきは欠かすことができません。基本型は、主枝を1本だけ伸ばし脇芽をすべて摘みとりますが、主枝と脇芽1本を伸ばす2本仕立てなど、方法はいくつかあります。

家庭菜園を成功させるには、野菜ひとつひとつの特徴を知り、栽培適期を守ることが大切。と同時に、土作り・肥料・種の選び方と撒き方・環境・水やり・管理など、基本を知ることも必要。

また、実際に家庭菜園をはじめて、多くの人が苦労するのが害虫です。安心安全な野菜作りのため無農薬で育てると、毎日が害虫との闘いに…

野菜づくりに興味があるなら、本格的に勉強するのも1つの手段。

例えば、限られたスペースのベランダから野菜作りを始める「ベランダ菜園士」。野菜の基本的な育て方と、その知識と技術を習得し、野菜をしっかり管理するベランダ菜園に関するノウハウを学ぶことができます。

また「家庭菜園士」なら、様々な植物と野菜の種類をマスターし、それぞれに最適な育て方や環境・土・水・雑草や害虫に関する基礎知識を身に着けることができます。

興味のある方は、まず無料の資料請求してみてください。
▼▼▼
格を簡単に取得できる人気の通信講座【SARAスクール】

タイトルとURLをコピーしました