ゼリー飲料は体に悪い?時間と食欲がない時・不足しがちな栄養補給に最適です

ゼリー飲料で代表的なのが、森永製菓の「inゼリー」。

飲みやすく消化吸収が良いので、忙しい朝や体調不良で食事がとれない時の栄養補給、ビタミンや不足しがちなミネラルを摂取するのに重宝します。

というのも現在、inゼリーは11種類あり、シーンに合った商品が選べます。ですが、「時間がないから」といって食事の代りに、あるいは毎食inゼリーだけで済ませるのは体に良くありません。

ここでは、上手な「inゼリー」の摂り入れ方をご紹介します。

森永製菓が製造・販売し、1994年の発売以来「ウイダー」の略称で親しまれてきた同商品だが、2018年3月の出荷分から商品名は「inゼリー」(インゼリー)に変わり、ウイダーという名前はひっそりと削除された。パッケージ全面のロゴも森永のエンゼルマークに切り替えられている。

ウイダーnゼリーから「ウイダー」が消えた日

inゼリー11種類の上手な摂り方

パウチタイプのinゼリーなら、手を汚すことなく調理いらずで栄養補給ができて、いろんな場面で活躍します。

時間がない時のエネルギーと栄養補給に

inゼリーの代表格ともいえる「エネルギー(マスカット味)」。

おにぎり1個分のカロリーと同時にカリウム、ミネラル、ビタミンを補給できます。常温でもおいしく食べれるよう工夫されているので、屋外や非常食としても使えます。

「ローヤルゼリーゴールド(栄養ドリンク味)」には、ローヤルゼリー200㎎とアミノ酸・クエン酸・ビタミン・ミネラルが含まれており、食べる栄養ドリンクとしておすすめ。

栄養バランスが気になるとき

「マルチビタミン(グレープフルーツ味)」には、1日に必要なビタミンの12種類をカバーしているので、食事バランスが気になるときに活躍します。また、カロリーは控えめの90kcalなので、ちょっとした間食にもおすすめです。

ただし、1日当たり1袋を目安にし、お子さんの摂取は避けてください。

「マルチビタミンカロリーゼロ(パイナップル味)」も、1日分のビタミン12種類が配合されて、カロリー&糖類ゼロ。食事バランスが偏ったり、ダイエット中のビタミン不足に最適です。

こちらも、1日当たり1袋を目安にし、お子さんの摂取は避けてください。

「マルチミネラル(グレープ味)」は、5種のミネラルが配合され、1日に必要なミネラルの1/3(マグネシウム以外)が補給できます。

こちらも1日当たり、1袋を目安にし、お子さんの摂取は避けてください。

運動の前後に

「プロテイン(ヨーグルト味)」には、牛乳1杯分と同量のタンパク質5gを素早く補給。運動前のエネルギーチャージと、運動後のリカバリーにプロテインが活躍します。

「プロテイン15g(パインヨーグルト味)」は、1袋で効率的にタンパク質を補給。しかも、分子が小さいので体に吸収されやすいのが特徴です。

頭を使う時の集中力に

「エネルギー ブドウ糖(ラムネ味)」には、考えるためのエネルギー源ブドウ糖30gと、その代謝を助けるビタミンが含まれており、効率よく作業を進めたいときにおすすめです。

ゲームやリラックスタイムに

「ゲームブースター(ブルーベリー味)」は、3種の糖質(果糖・ブドウ糖・デキストリン)と、GABAを配合。ゲームに集中したいときやプレイの合間、小腹が空いたときの栄養補給にピッタリです。

「まるで梨の食感」は、果実の甘みと食感のあるデザートゼリー。食物繊維5gとカロリー控えめな点が、ダイエット中の女性に嬉しいですね。

朝食にinゼリーだけは体によくない

マスカット味の「エネルギー」は忙しい朝、短時間でおにぎり1個分のエネルギーを補給できますが、これだけで朝食を済ませるのは、体に良くありません。

朝食の役割とは?

  • 昼食までに必要な活動エネルギーの確保
  • 体温を上昇させカラダを目覚めさせる
  • ブドウ糖を補い脳の働きを高める

私たちが1日活動するには、最低限でも1500kcal必要です。なので、その約1/3・500kcalを朝食で摂取するのが理想的。

inゼリー1つでは、180kcalしか補うことができませんし、腹持ちも良くないので、すぐにお腹が空くことになります。なので、「朝食を全く食べないよりはまし」な程度、決して健康的な食生活とは言えません。

朝食を摂らないデメリットは以下の通りで

  • 空腹時間が長くなり脂肪の吸収率がアップして、体に脂肪が貯まりやすくなる
  • 体に必要なエネルギーと栄養不足から筋肉が落ちやすく、基礎代謝量が減り太りやすい体質になる
  • 1日に必要なエネルギーを2回で補う必要があり、1度に摂取量が増えて胃に負担をかける
  • 食事の間隔があくため、胃液が粘膜を刺激し胃壁を傷つける原因になることがある

「朝は時間がない・食欲がない」人は、少しづつでも朝食が食べれるよう心がけましょう。

朝食が食べれない人の改善方法

朝食を食べない・食べれない人には、それなりの理由が挙げられますが、ほんの少し気をつけることで、思っているより簡単に改善できることがあります。

朝は食欲がない

  • 前日の夜9時以降は間食しない
  • 夕食が遅い人は、おかゆなどの軽い食事で済ませる

忙しくて時間がない

  • 前日に朝食を用意しておく
  • 流動性のある食品やシリアルなどを活用する
  • やむを得ないときは、会社についてから軽く食べる

食べるより寝ていたい

  • 寝る時間を30分早くする
  • 睡眠サイクルから、寝付いて4.5時間・6時間・7.5時間に起床時間を迎えられるよう調整する
  • 前日に朝食あるいは飲み物だけでも準備しておく

改善のポイントは?

はじめは牛乳1本、ヨーグルト1個、おにぎりあるいはinゼリー1個からでもよいので、まずは胃の中に食べ物を入れることを意識します。

次に、慣れてきたらサラダ・果物・卵料理を加え、最終的には「主食・主菜・副菜」の揃った食事がとれるよう頑張りましょう。

作るのが面倒な人には

冷凍の宅配弁当が便利ですよ。例えば、まごころケア食のお弁当は、忙しいなかでも栄養バランスの良い食事が摂れるメニューが揃っています。

健康状態や必要に合わせて、「健康バランス食」「カロリー調整食」「糖質制限食」「塩分制限食」「タンパク質調整食」の中から好きなプランが選べます。

どのメニューも、「主菜1品+副菜3品」のバランスの良い献立。カロリーも1食あたり240kcal~300kcal程度。

朝食としてはなかなかのボリュームですが、このまま昼食用のお弁当として、また夕食にもピッタリのメニューです。

人気メニューはこちらからご覧いただけます。
▼▼▼
まごころケア食

まずは1回、送料無料でお試しできます♪

まとめ

inゼリーは11種類あり、エネルギー補給したい・栄養バランスを整えたい・タンパク質を効率よく摂取したい・ゲームに集中したいときなど、あらゆる場面で活用できる便利な飲み物。

ですが、「毎日朝食はinゼリーだけ」という食生活では栄養不足になります。あくまでも「足りないエネルギーや栄養素を補給する」、補助食品としてうまく活用すると良いでしょう。

私たちが日々、活動するうえで必要なエネルギーや、カラダを構成する臓器・骨筋肉の組織は、食物に含まれる栄養素で作られてます。そのため、毎日の食事で過不足なく補うことが必要ですが、「なにをどれくらい食べるか?」って難しいですね。

その点、冷凍宅配弁当のまごころケア食は、管理栄養士が毎日の献立を考え監修しているので、メニューはもちろん栄養計算もしっかり管理されてます。

また、冷凍パックで届くので、最長3ヵ月間は保存が可能。好きなタイミングに、電子レンジで温めるだけで、バランスの良い食事を摂ることができます。

まずは7食セットの「まごころケア食健康バランス」を、送料無料でお試ししてみてはいかがでしょうか?

【まごころケア食】送料無料
健康・カロリー・体型が気になる方からのご利用が多いです。

タイトルとURLをコピーしました