養命酒を寝る前に飲むと太る?気になる人は夜10時までに飲むのがおすすめ!

生薬の画像

体に良いとされる養命酒ですが、「寝る前に飲むと太るのでは?」と気になる方は飲むタイミングを変えるだけなので安心してください。

実際に太るかどうか?は個人の体質や生活習慣によって違います。

例えば、基礎代謝が高い人と低い人を比べると、低い人の方が太りやすいですし、また「寝る前」といっても人によって時間はバラバラ、夕食の時間も違いますね。

養命酒1回分は約40cal・糖質約6g、太るのが気になる方は夜10時までに飲むのがおすすめです

これは身体のメカニズムと関係しており、夜10時を過ぎると脂肪をためこみやすくなるからです。

ここでは、寝る前に養命酒を飲むときのポイントと、太りにくい食べ方・体作りについて解説します。

▼楽天で商品を見る▼
【第2類医薬品】薬用養命酒(700ml)

養命酒を夜10時までに飲んだ方がいい理由

養命酒の画像

養命酒1回分の量は20ml、 約40kcal・糖質は約6g あり、これはクッキー1枚分(およそ10g程度)と同じです。確かに、「毎晩、寝る前にクッキー1枚」を食べ続けたら、太りそうですね。

夜10時以降は太りやすい

一般的に「寝る前に食べると太る」と言われますが、これはタンパク質の一種”Bmal1”という物質が関係します。

このBmal1は「脂肪細胞に脂肪をため込もうとする」タンパク質で、夕方から夜にかけて徐々に分泌が増加し、夜10時を過ぎると急上昇します。

なので、養命酒のカロリーが気になる方は、夜10時までに飲むのがおすすめです。また、習慣的に夕食が遅い方は、就寝前ではなく食前に飲んでおきましょう。

夕食前や就寝前に養命酒を飲むと、生薬の働きによって体の冷えが解消され、血液の循環が良くなり新陳代謝が活発になるます。すると、体の中から温かくなり入眠しやすくなります。

1日3回・食前又は就寝前が効果的
▼▼▼
【第2類医薬品】薬用養命酒(700ml)

基礎代謝が低い人は太りやすい

基礎代謝が低い人は、食事から摂る栄養をうまくエネルギーに変えることができず、身体に蓄積されて脂肪になる=太ることになります。

また人は40歳を過ぎると、基礎代謝量が急激に落ち込み太りやすくなります。

養命酒に含まれる薬効成分は、胃腸から吸収され血液に乗って体内をめぐり、血行と代謝が良くなり、エネルギーの産出が促進され「冷えにくい体質」改善されます。

【代謝が低い人の特徴】

  • 体温が低め平熱が36℃未満
  • 手足が冷たい
  • 寒いのが苦手
  • 「顔色が悪い」とよく言われる
  • 朝起きるのが苦手
  • 好き嫌いが多い
  • 朝食を抜くことが多い
  • 甘いものが好み
  • 子どものころから運動が苦手
  • 人より歩くのが遅い

当てはまる項目が多い人ほど、基礎代謝が低い可能性があります。

気になる人は、ほんの少しご飯を控える

養命酒は、体本来の働きを整え健康的な体に導く薬酒。とはいえ飲むことで、カロリー・糖質が増えるのは事実。なので食事管理・糖質制限している方は、この分を控えると良いでしょう。

では、ご飯にしたらどれくらいか?というと

養命酒1回分=約40kcal・糖質は約6g

ご飯40kcalはおよそ25.6g、糖質6gはおよそ15.6gです。

お茶碗1杯が約150gなので、40kcalはお茶碗1/6・糖質6gはお茶碗1/10にあたります。

ほんの1~2口、ご飯を控えるだけで養命酒のカロリー・糖質が清算されることになりますね。

太りにくい食べ方「腹八分目・ゆっくり食べる・3つの白を控える」

ご飯の画像

  • 腹八分目にする
  • ゆっくり食べる
  • 3つの白を控える

昔から「腹八分目に医者いらず」と言われますが、食べすぎは体重増加だけでなく、病気のリスクが高まります。また、早く食べると満腹感が得られにくくなって、食べすぎの原因にもなりかねません。

さらに3つの白、白米や白パン・食塩・砂糖の摂りすぎ、食べすぎに注意しましょう。

腹八分目ってどれくらい?

個人差はありますが、胃袋は食べ物が入るとおよそ1.5~2ℓまで膨らみます。とはいえ、全て満たされる=満腹感ではないため、「腹八分目」も単なる量で判断するのは難しいのです。

感覚的に、「もう少し食べたいな」「少し足らない」と感じるくらい、「おなかがいっぱい!満腹」になる一歩手前の状態という、なんとも不確かなものなのです。

前もってほんの少し減らしておく

「腹八分目」とは、とても感じにくい感覚。気づいたらお腹いっぱいになっていた、なんて経験ありませんか?

なので、感覚に頼らず食べる前に、ご飯やおかずの量をほんの少し、減らしておくと良いでしょう。

よく噛んでゆっくり食べる

食事をよく噛むことで、食欲を抑える働きのあるホルモンの分泌が促進され、食べすぎを防ぐことができます。

また、脳が満腹感を感じるまでには15~20分のタイムラグがあるため、ゆっくり食べることで程よい満腹感を得られるようになります。

3つの白は控えめに

「白米・パン・砂糖」はカロリー・糖質が高いため、摂りすぎると肥満の原因になりますね。

私たちが食事をすると消化・吸収され、血糖値が上がります。お腹が空いたときに、消化の良いご飯やパン・麺類など炭水化物や糖質が高いものを大量に食べると、急激に血糖値が上がり、体脂肪の増加と蓄積=太ることになるので気をつけましょう。

糖と脂の吸収を抑えるなら
 ▼▼▼
【糖脂リミット】

【食事とおやつの食べ方ポイント】

内臓にはそれぞれ活動時間・リズムがあります。これをうまく使うことで、食事やおやつをもっと楽しむことができるんですよ。

食事の代謝を担う肝臓は、昼の12時前後が活動ピーク。なのでランチはしっかり食べても大丈夫。

インスリンを分泌する膵臓は、15時前後が活発に。なので甘いおやつを食べるならこの時間。

血液を浄化する腎臓は、夕方以降に機能アップ。野菜中心・早めの夕食で血液浄化を促しましょう。

基礎代謝をUPして太りにくい

歩く足の画像

基礎代謝が低い人は、太りやすく「冷え」を感じやすくなります。では、太りにくい体質・基礎代謝を高めるにはどうしたらよいか?というと、筋肉を増やすことです。

とにかく、筋肉をつけよう

筋肉が多い人は、同じ運動をしても消費するエネルギー(カロリー)が多いため、太りにくいですが、じっとしてるだけで筋肉がカロリーを消費する、ってことはありませんよ。

まずは筋肉をつけるため、筋肉が付きやすい部位・脚やお尻を鍛えましょう。

だからといって、わざわざ筋トレしたりジムに通う必要はありません。積極的に歩くこと、エスカレータではなく階段を使うこと、スクワットするだけでも良いでしょう。

また姿勢も、猫背ではなく背筋を伸ばしてシャンとする。これだけで骨盤周辺の筋肉が鍛えられ、エネルギー消費量も多くなります。

筋肉は、刺激を与えればいくつになっても増やすことが可能です。

毎日短時間で、しかも効率よく筋肉をつけたいなら「WisenFit EMSスーツ」がおすすめです。

例えば、家の中で家事をしている間の20分、EMSスーツのレギンスを履くだけで、お腹と脚の筋肉を鍛えます。トレーニングを取り入れれば運動効率もupして、太りにくい体作りに役立ちますよ。

1日20分・代謝の良い体作り
▼▼▼
WISENFITのサイトを見る

まとめ

養命酒は生薬の入った医薬品ですが、1回分で約40cal・糖質約6gあるので、「太る」のが気になる方は夜10時までに飲むのがおすすめです。また、夕食が遅い方は食前だけにしておきましょう。

養命酒に含まれる生薬は、胃腸で吸収され体内のすみずみまで届き、血行と代謝を改善します。なので、日ごろから「太りやすい」と感じる方は、1日3回の養命酒と適度な運動で筋肉をつける、また食事のとり方を工夫すると「太りにくい」体作りに役立ちます。

普段から運動不足が気になる…でも運動は苦手!という方には、1日20分着るだけで運動をサポートしてくれる「WinsenFit EMSスーツ」がおすすめです。

ムリなく筋肉をつけるなら!
▼▼▼
WISENFITの公式サイトをご覧ください

タイトルとURLをコピーしました