キタアカリ(じゃがいも)に花が咲かない4つの原因と対処法を解説します!

じゃがいもの花の画像

じゃがいものなかでもキタアカリは、花が咲きにくい品種です。

というのもキタアカリは、男爵薯とツニカという品種の掛け合わせ。元の品種・男爵薯は花が少ない傾向があり、この部分を受け継いでいると考えられます。

一般的にじゃがいもの花が咲かない原因は、品種以外にも

  • 窒素肥料の過不足
  • 環境による生育不良
  • 種芋を深く植えすぎた

などがありますが、花が咲かなくてもイモは収穫できます。

ここではキタアカリを含むじゃがいもに、花が咲かない原因と対処法について解説します。

▼楽天で種イモを見る▼
食べれる種いもキタアカリ・10kg

キタアカリ(じゃがいも)に花が咲かない4つの原因

じゃがいも畑の画像

じゃがいもはナス科の野菜なので、星形の花をつけ品種によって色が違います。が、同じ場所で栽培しても、花が咲くもの咲かないものが出てくることがあります。

花が咲かない理由は「品種・環境・植え方・肥料」の4つ、では早速1つずつ解説します。

品種によって花が咲かない

じゃがいもにはたくさんの品種があり、そのなかには花が咲きやすいものとそうでないものがあります。

例えば、収穫量が多く育てやすいメークインは花が咲きやすいですが、男爵薯は花が咲きにくい傾向があります。キタアカリは、この男爵薯とツニカという品種の掛け合わせなので、花が咲きにくいんですね。

育てる環境が関係する

じゃがいもは、適応性があり比較的どんな土でも栽培しやすい野菜ですが

  • 日当たりが悪く日照不足
  • 水はけが悪い
  • 高温で乾燥しやすい

などの条件が重なると、生長不良を起こして花が咲きにくくなります。

また、じゃが芋は春植えと秋植えができますが、品種によって適期が違います。なので、春植えでは花が咲きやすい品種も、秋に植えると花が咲かないことがあります。

キタアカリは春植えに適した品種。秋に植えても育てられないことはありませんが、芽が出た状態を確認してから植えつけると良いでしょう。

種イモを深く植えすぎた

種イモを植えつけるときは、5~7cmの厚みで土を被せます。

が、深く植えすぎると地上に芽が出るまでに時間がかかりすぎてしまい、生育時期がズレて成長が遅れ花が咲かないことがあります。

窒素肥料が足りないor多い

じゃがいもは少ない肥料でも育ちますが、花が咲きやすい品種で開花しないときは、窒素不足が考えられます。

逆に窒素が多すぎると、茎と葉ばかりが茂ってしまい蕾をつけづに花が咲きません。

じゃがいもは、栽培中に2回の追肥を行いますが、バランスの良い肥料をタイミングよく与えることが大切です。

じゃがいも専用肥料
▼▼▼
【楽天】じゃがいも肥料2KG

じゃがいもに花が咲かないときの対処法

じゃがいも収穫の画像

じゃがいもは、花が咲かなくても収穫できるので、特に対処する必要はないでしょう。

というのも、じゃがいもは種イモから伸びる芽が成長すると、土の中の茎部分から”ストロン”というものを伸ばし、その先端にイモを作って育ちます。なので、花が咲く・咲かないは関係ないのです。

咲いた花は摘んだ方が良い?

結論から言うと『どちらでもよい』です。

個人的な意見としては、「花を摘む手間は必要ない」と考えます。それに、じゃがいも栽培してる農家さんが、花摘みしてるところ見たことありませんしね。

じゃがいもの花を摘むおもな目的は、”体力を温存する”ことです。

ですがじゃがいもの場合、花が咲いてもそれほど体力の消耗にはならないため、イモの肥大には関係しません。

また、花を摘むとそこから病原菌が入り込み、病気になりやすいデメリットもあります。多少の体力消耗があっても、花が咲いたら摘まずにそのまま放置する方が無難といえます。

花を摘むより芽かきと追肥が大事

収穫するのが目的の家庭菜園。元気に太ったキタアカリを収穫するには、芽かき作業と追肥をしっかり行いましょう。

種イモを植えつけてからおよそ6週間、草丈が伸びてきたころ、大きく元気な芽を1~2本だけ残し、他の茎は切り落とします。こうすることで土の中の茎に栄養が集中し、さらに追肥を施すことで大きなイモが収穫できます。

プロも太鼓判の効果!
▼▼▼
天然植物活力液「HB-101」

ジャガイモに花が咲くのはなぜ?

いろんなじゃがいもの画像

ほかの植物同様、「繁殖」のためです。

じゃがいもは花が咲き終わると、小さな実をつけることがあり種も採れますし、種からじゃがいもを栽培することもできます。

ですが、種から育てるじゃがいもは大きくなるまでに3年ほどかかり、種イモから栽培する方が収穫が早いので、あまり実用的ではありません。

そのためか、最近のじゃがいもは花が咲いても実がつかないよう、品種改良されているため実をつけることはほとんどありません。

まとめ

じゃがいもに花が咲かない原因は、品種・環境・植え方・肥料ですが、花が咲かなくてもイモの収穫や大きさには関係ありません。

じゃがいも栽培で大事なのは、土の中の茎部分に栄養を集中させ新しいイモを育てること、花を咲かせることではありません。たとえ花芽がついたり花が咲いたとしても、じゃが芋にとってそれほど体力の消耗にはならないので、摘む必要もないでしょう。

キタアカリは花が咲きにくく、春植え向きの品種。なので秋植えした場合は、花は咲かないかもしれませんが、芽かきと追肥を施しておけば年内には収穫できます。

じゃがいもは栽培しやすい野菜と言われますが、いざ始めるとなると品種は?いつはじめる?種イモって?株間って???の連続です。ネットでも調べられますが情報が多すぎて、かえって迷うことばかり。

こんな時、「分からないことを教えてくれる人」が近くに居たら頼もしいと思いませんか?

例えば、家庭菜園初心者の方や、市民農園を借りてもうまく収穫できない方には、シェア畑がおすすめですよ。

シェア畑には専属の菜園アドバイザーがいて、何でも親切に教えてくれます。また畑には、野菜作りに必要な農具や肥料も準備されているので、手ぶらで通うことができます。

まずは近くにシェア畑があるか?HPから検索してみてください。
▼▼▼
サポート付き貸し農園【シェア畑】

タイトルとURLをコピーしました