介護職は何ヶ月で仕事に慣れる?未経験の新人ならおよそ3~4ヵ月が目安です

介護の資格はあっても、現場では未経験・新人の場合、仕事に慣れるまでおよそ3~4ヵ月かかります。

ここで言う「慣れる」とは、一人で回せるようになる事で、単純な介護業務だけなら1~2ヵ月ほどです。

ですが、介護の現場ではスタッフ・利用者さんとその家族、看護師やリハビリ、ケアマネージャーや生活相談員など、立場の違うさまざまな人と関わりがあります。また、施設のルールがあったりシフトによって業務の流れが違うこともあります。

これらをまとめて覚えるのに、3~4ヵ月必要と考えられます。

新人の介護士が仕事に慣れるまで

新人の介護士がひとり立ちするには、大きく分けて以下の2点を覚える必要があります。

  1. 利用者さんの介護業務
  2. 施設内の人間関係やルールなど

入職直後は覚えることが多く、大変だと感じるかもしれませんが、先輩スタッフが付いて教えてくれるので心配はいりません。

介護業務を覚えるまで

介護の実務的な仕事内容は

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 排泄介助
  • 更衣介助
  • 移動・移乗介助
  • 見守り・傾聴
  • 口腔ケア

など、多岐にわたります。

施設によって研修の充実度や介入する頻度が変わりますが、一通り覚えるまでおよそ1~2ヵ月必要と考えられます。

夜勤のある職場では、通常業務を問題なくできることと、急変や異常時に対応できる必要があるため、さらに時間が必要です。

たいていの場合先輩スタッフが3~4回同行し、業務を教えてくれることになります。

人間関係や職場ルールを覚えるまで

介護の現場では

  • スタッフ
  • 利用者さんとその家族
  • 看護師
  • リハビリ
  • ケアマネージャー・生活相談員
  • 管理本部

など、立場の違うたくさんの人と関わりがあるため、人間関係を把握しコミュニケーションを取る必要があります。

介護職で離職経験がある人を対象にしたアンケートでは、「職場の人間関係」が離職理由で最も多く、いかに重要かが分かりますね。

また、利用者さんも個性があり、介入する頻度にもよりますが、特徴をつかみ安全にケアするまで時間がかかることもあります。

くわえて、現場には現場のルールがあるので、全てを覚え一人で回せるまでおよそ3~4ヵ月必要と考えられます。

慣れるためにできること

新人の介護職員が早く仕事に慣れるには

  • 仕事を覚え
  • ルールを知って職場になじむ

ことがポイントです。

仕事を早く覚えるには?

介護の現場で、新人は知らないことが多く、スムーズに仕事がこなせず不安がいっぱいですね。

できる限り早く仕事を覚え、慣れるためのポイントはおもに3つ。

  1. メモを取る
  2. 分からないことはすぐに質問する
  3. 自分の判断ですすめない

メモを取る

メモを取って記録を残すことで、見聞きしたことを思い出したり、忘れないためのツールになります。

新人スタッフにとって、現場は初めての経験ばかりなので、すべて1度で覚えるのは難しいです。そんなときにメモがあれば、記憶をたどって振り返ることができますね。

ですが実技を指導される場合、見逃すことがないようメモは取らず、しっかり見学します。そして、あとからポイントを自分なりにメモしておきましょう。

分からないことはすぐに質問する

些細なことでも、疑問なことはその都度質問して解消していく態度が大事です。

新人のうちは質問できるのが特権です。逆に、曖昧にしておくと、独り立ちしたときに自分が苦労することになります。

また、同じミスを繰り返すことになり、「学習してない」という印象を与えるかもしれません。

自分の判断ですすめない

分からないことを自己判断ですすめることで、思わぬ事故につながることがあります。

特に未経験で新人の場合、基本的な判断力やスキルが不十分。迷ったときは必ず、周囲の先輩スタッフに確認するよう心がけましょう。

職場に”馴染む”ポイントは?

介護の現場で、人間関係を含め職場に馴染むには3つのポイントがあります。

  1. コミュニケーションを取る
  2. 複数の先輩スタッフから教わる
  3. 大きな声でハキハキ話す

コミュニケーションを取る

普段から周囲とコミュニケーションをとっておくと、信頼関係が築きやすくなり、慣れない職場でも早い段階で溶け込むことができます。

また、質問もしやすくなり、早く仕事を覚えることにもつながります。

話すことが苦手な人もいるかもしれませんが、新人のうちは周囲に助けてもらう必要があります。ここは頑張ってコミュニケーション取っていきましょう。

複数の先輩から教わる

複数の先輩スタッフから教わることで、介護の視点や技術の幅を広げることができます。

介護職として、共通したスキルや知識だけでなく、バリエーション豊かな介護技術を身につけることで、個性の違う利用者さんに合った対応ができるようになります。

結果、仕事にも早く慣れることができ、複数の先輩スタッフと関わることで、コミュニケーションを取ることにもつながります。

大きな声で話す

声の大きさやトーン・ハキハキ話すことは、人とのコミュニケーションを取るうえで大切な要素です。

小さな声でボソボソ話されると、聞き取りずらい上にあまり良い印象を与えません。

緊張して声が小さくなったり、人と話すのが苦手な人は、意識的に明るいトーンでハキハキと会話するよう心がけていきましょう。

新人が慣れやすい職場の選び方

介護の仕事は覚えることがたくさんあって、独り立ちまで数か月かかりますが、自分に合った職場選びも大切です。

自分に合った施設はどれ?

介護施設は種類によって、利用目的や利用者の介護度、提供されるサービス内容が違い、スタッフの仕事内容も違います。

主な施設は下記の通り。

特別養護老人ホーム(通称:特養)
・おもに自治体や社会福祉法人が運営するため、公的な要素が強い
・原則、要介護3以上の比較的重度の方が入所する
【仕事内容】
・入浴・移動・排泄など身体介護が多い
・入所者だけでなく、自宅で暮らす方向けに「デイサービス」や「ショートステイ」を実施している施設もある
有料老人ホーム(通称:有料)
・おもに民間企業が運営しており、大きく分けて「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」がある
・「介護付き有料老人ホーム」は、介護サービスを提供
・「住宅型有料老人ホーム」は、高齢者向け住宅という位置づけで、介護サービスを利用する際は、訪問介護やデイサービス事業所と契約する形になる
【仕事内容】
・有料老人ホームの場合、施設によって業務内容が違ってくる
・施設によって、サービス内容や設備に特徴があるため、事前にあるいは面接時に要確認
介護老人保健施設(通称:老健)
・医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な介護保険施設
・病状が安定し退院した高齢者が、自宅で生活できるよう、リハビリや医療ケアをうけ、自立生活を目指すための施設
【仕事内容】
・おもにリハビリスタッフが多く、多職種と連携して動く必要がある
・「デイケア」や「ショートステイ」してることもあり、担当業務により仕事内容が違うため、事前に確認が必要
認知症型グループホーム
・認知症の高齢者が共同生活する施設
・9人までを1つのユニットとし、アットホームな場で生活する
【仕事内容】
・認知症の進行をやわらげるケアが必要で、入居者と一緒に家事や食事作りをする
サービス付き高齢者向け住宅(通称:サ高住)
・見守りや生活相談サービスのほか、食事の提供、コンシェルジュサービスなどがある場合もある
・介護サービスに関しては、利用者が別途外部の訪問介護事業者などと契約する
【仕事内容】
・サービス付き高齢者向け住宅で働くスタッフは、介護保険サービスは行わない
・ただし訪問介護事業所を併設してるケースでは、2つの事業所を兼務して、介護保険サービスを提供することもある
ショートステイ
・短期間(連続日数30日まで)入所し、介護サービスを受ける
・家族の介護負担を軽くする目的や、家族が不在になるときの宿泊先としても利用される
【仕事内容】
・身体介護と生活援助の両面をサポート
・短期滞在のため、利用者の特徴などに対応し、環境変化による利用者への配慮が求められる
デイサービスセンター(通所介護)
・自宅で生活する高齢者を迎えに行き、食事や入浴・機能訓練などを受ける
・自宅にこもりがちの高齢者に対して、孤立感を解消する役目もある
【仕事内容】
・食事や入浴介助
・レクリエーションの企画や運営など
・宿泊付きの「お泊りデイサービス」の場合、夜勤もある
介護施設の種類

このほかにも、「介護療養型医療施設(介護医療院)」、「住宅型有料老人ホーム」、「健康型有料老人ホーム」、「ケアハウス(軽費老人ホーム)」などがあります。

介護職が未経験の場合、どんな施設を選んだらよいかすら、分からないかもしれませんね。そんな方には、介護業界の専門「きらケア」の転職支援サービスがおすすめです。

「きらケア」では、介護職が未経験でも安心して就職活動できるよう

  • 施設内の人間関係や評判などの情報
  • 今後のキャリアについてのアドバイスや過去事例を紹介
  • 面接の予定や所待遇の交渉など
  • 就業後も専任スタッフがアフターフォロー

などのサービスを、無料で受けることができます。相談だけでもOKなので、まずは無料転職サポート登録だけでもしておくと便利ですよ。

まとめ

介護の現場で仕事に慣れるまで、未経験の人ならおよそ3~4ヵ月かかります。まずは、しっかり介護業務を身につけ、人間関係と会社のルールを覚えていきましょう。

また、介護施設といってもいくつかの種類があります。その中から、自分に合った職場選びも大切です。もし迷ったら、「きらケア」に相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました