放置しても育つ野菜、一度植えたら2~3年は収穫できる!【春夏編】

春の畑の画像

野菜の中でもニラ・三つ葉・シソは、ほとんど世話することなく、放置しても育ち、一度植えれば2~3年は同じ場所で収穫できます。

また、ワケギやモロヘイヤは使う分だけ収穫すると、後から次々に葉が再生して便利ですよ。

ただし、どの野菜も最低限の作業(水やり・肥料・間引き)は必要です。では早速、放置しても育つ野菜と育て方をご紹介します。

関連する記事

「放置しても育つ秋の野菜」はこちら
「放置しても育つ冬の野菜」はこちら

放置しても勝手に育つ野菜の中でも優秀なのはニラ!

ニラの画像

ニラは3月に種をまくと、1年目は8月中旬~10月頃まで、2年目以降は6月~10月頃まで収穫できます。

ただし、1年目はあまり収穫せずに、9月~隔週で3回ほど肥料を与えておくと、翌年の春以降から何度も収穫できます。

ニラの栽培方法

3月に種から栽培するのが一般的です

  • 種をまく場所が決まったら溝を作り、1cm間隔に種をまいて5㎜ほど土を被せます
  • 本格的にニラ栽培する場合は、5月になり草丈が20㎝ほどに成長したころ植え替えます
  • この時、1か所に3~5本ずつ・30cm間隔に植え付け、成長するたびに土を被せ土寄せしますが…
  • 1年目は種をまいたらそのまま放置、9月に肥料を与え冬に葉が枯れたら刈り取って、来年の収穫を目指しましょう

2年目以降は少しだけ手をかけて

  • 5~6月頃、草丈が30cmほどに伸びたら葉の部分だけを刈り取り収穫スタート
  • 刈り取ったら小さじ1杯の肥料か、水やり代わりに液体肥料を与えます
    (こうすることで次々と葉が再生していきます)
  • 夏になると花茎が出てくるので、つぼみのうちに摘んでおきましょう
  • ニラは何年も植え続けると土の中が込み合い、葉が細くなってくるので、3年を目安に株分けして(3~5株ずつ)植え替えます

▼楽天で種を見る▼
大葉ニラ 種 メール便選択可

三つ葉は放置すると雑草化するほど育つ

ミツバの画像

三つ葉は、日本原産野菜なので放置しても育てやすく、真冬以外は種まき可能。

春(3月下旬~6月上旬)に種をまくと、初夏には花が咲き、放っておくと種が落ちて雑草化することもあります。

お正月に三つ葉を使うなら、9月に種まきすると年末から収穫できますよ。

三つ葉の育て方

三つ葉は密集させて育てると、茎が柔らかく美味しく育ちますが、あまり密になりすぎるのもよくありません。

また日当たりを調整するので、プランターか鉢植えがおすすめです。

【栽培手順】

  • プランターや鉢に培養土を8分目まで入れます
  • 割りばしなどを使って深さ5㎜の溝を作り、1cm間隔に種まき
  • 軽く土をかぶせ手のひらで押さえておきます
  • 種が水の勢いで出ないよう、やさしく水やり
  • 芽が出るまで(およそ10日~2週間)水は切らさないにします
  • 芽が出揃ったら込み合ってるとこだけ間引きし、あとは土の表面が乾かないよう水やりをしていきましょう

収穫のタイミング

収穫までの目安は、春・秋まきで50~60日。

草丈が15cmくらいになったら、根元を5cmほど残して切り取ると、あとから新芽が出てきます。また、株の外側から少しずつ葉を摘み取ると、新芽の成長が早くなります。

摘み取ったら週1程度に、薄めた液体肥料を与えると長く収穫できますよ。

三つ葉は霜に当たると茎の部分が枯れますが、春になると新芽と落ちた種の発芽も期待できるので、放置しても育ちます。

▼楽天で種を見る▼
栽培薬味セット三つ葉・しそ・とうがらしの種

シソはこぼれた種で毎年育つ

シソの葉の画像

シソは育ち始めると、たくさんの葉をつけ草丈が70~80㎝程まで伸びます。

放置しても十分収穫できますが、3~5節目で枝をカットしておくと、脇芽が伸びてさらに収穫量が増えます。

シソの育て方(青じそ)

シソは土が乾燥するとしおれ、葉が傷んで食べれなくなるので、水切れ注意。またシソの葉は、夏の強い日差しを浴びると硬くなるので、半日陰の場所が適しています。

【栽培手順】

シソが発芽するのは20℃以上、なので十分暖かくなった春(4月以降)に種まきすると良いでしょう。

  • 植える場所が決まったら種を1~2cm間隔でばらまき、薄く土をかけます
  • 種が流れないようやさしく水やり
  • 土が乾燥しないよう、濡れた新聞紙をかけておくと便利です
  • 双葉が開いたら1回目の間引きをし「芽ジソ」を収穫
  • 本葉が3~4枚くらいになったら、2回目の間引きをします(若苗)
  • 最終的に20㎝くらいの間隔に間引き、軽く肥料を施します
  • シソの草丈が30cmほどになったら(根元から4~5節目)、頂上の葉をカットして脇芽を伸ばします

1回目の間引きで採れた「芽ジソ」は刺身のつまに使用され、カツオなどと相性が良いです。また2度目に間引きした若苗は、サラダやあえ物として食べれます。

大葉~穂シソ~実シソの収穫

【大葉の収穫】

シソの葉は、小さいうちに収穫すると成長が遅くなるので、草丈30cmくらいになったら、外側の大きめの葉から収穫していきます。

【穂シソ】

秋になるとつぼみをつけた花穂が伸び、花が半分くらい開花したタイミングで「穂シソ」として収穫します。シソは花がつくと葉が硬くなるので、「大葉」として長く収穫するなら、早めに花芽を摘み取っておきましょう。

【実シソ】

実シソは、穂先に花1、2個を残した頃に収穫します。

「穂シソ」は刺身のつまや天ぷらとして、「実シソ」はつくだ煮やしょうゆ漬けにするとおいしくいただけますよ。

収穫しきれなかった実は、枝ごと刈り取り陰干しして乾燥させると種がとれます。が、シソはこぼれ種でも翌年には十分芽が出るので、枯れるまで放置してそのまま処分しても良いでしょう。

▼楽天でシソの種を見る▼
青シソ・10ml袋詰 送料無料

ワケギは根元を残して収穫する

ワケギの画像

ワケギは種をつけないので球根から育てますが、根元を残して収穫すると葉が再生し、放置しても数回は収穫できます。

ワケギの育て方

ワケギは8月~9月に植え付けして、草丈が15㎝ほどに成長したら根を残して収穫、水やり代りに薄めた液体肥料を与えると20~30日で再生します。

【栽培手順と収穫

  • 深さ15cm以上のプランターを用意し、培養土を8分目まで入れます
  • ワケギの球根の頭が出るか出ないか程度、株の間を15㎝あけてに植え付け、たっぷり水やり
  • 草丈が20~30cmほどに伸びたら、根元を5cm残して収穫します
  • 収穫したら化学肥料か薄めた液体肥料を施しておきます
  • ワケギの収穫が終わったら根元を残し、放置して球根を肥えさせます

発芽促進におすすめ

ワケギはずっと同じ場所に植えたままでも、育たないことはありません。ただ株が込み合ってしまい、次第に葉が細くなったり収穫量が減ってきます。

なので出来れば、5月~6月には球根を一度掘り上げ風通しのよいところで保存、8月~9月にまた植えつけると良いでしょう。

▼楽天で球根を見る▼
ワケギ 球根 大玉200g

モロヘイヤは手間いらずで次々と収穫できる

モロヘイヤの画像

モロヘイヤは夏の時期に栽培しますが、病害虫に強く自生力があり育てやすい野菜です。

モロヘイヤの完熟した種には毒性の強い「ストロファンチジン」という成分が含まれてます。絶対に食べることがないよう、また幼児やペットが口にしないよう注意してください。

モロヘイヤの育て方~収穫まで

種まきは4月下旬~5月中旬、気温が十分高くなってからにします。

【栽培手順】

  • 種は一晩、水に浸けておくと発芽しやすくなります
  • 3号ポット(9㎝)に土を8分目まで入れ、3ヶ所にくぼみをつけ1粒ずつまきます
  • 薄く土を被せ手のひらで軽く鎮圧、たっぷりみずやり
  • 発芽するまで乾燥しないよう、芽が出たら毎朝水やりします
  • 本葉が1~2枚の頃1~2本に間引き
  • 本葉が5~6枚になったら、株間を20㎝ほどあけプランターに植えます
  • 草丈が30cmくらいになったら、枝の先端を摘み取り、脇芽を伸ばします

【収穫】

  • 7月、草丈が50~60㎝になったら収穫開始、葉先の15~20㎝くらいの柔らかい部分を摘み取ります
  • 収穫がはじまったら20~25日間隔で追肥
  • 秋になって黄色い花が咲き始めたら収穫終了です 

種の発芽促進におすすめ!
⇒天然植物活力液「HB-101」
植物本来の力を最大限に引き出せます

モロヘイヤにはスムージーがおすすめ

モロヘイヤには便秘改善に役立つ食物繊維が豊富で、ぬめり成分には腸内環境を整える働きがあります。また、ビタミンB2もホウレンソウの約2倍含まれており、疲労回復やダイエットにも有効的。毎日続けるなら、簡単に作れるスムージーがおすすめです。

【材料・1人分

  • モロヘイヤ    3本
  • バナナ      大1/2本
  • グレープフルーツ 1房
  • 水        100ml

【作り方】

  • バナナとグレープフルーツは適当な大きさにカット
  • モロヘイヤもザックリとした千切りに
  • 全ての材料をブレンダーに入れ全体に混ざったら完成!

▼種も長持ち!▼
【楽天】モロヘイヤ・タキイ種苗 送料無料

まとめ

春から夏にかけては気温が高くなり、放置しても野菜が育ちやすい季節です。

ですが、プランターなどで栽培すると水切れを起こしやすいので、土が乾かない程度の水やりと、栽培期間が長いものは、追肥も忘れずに。

ワケギは球根から育てるので放置しても育ちますが、夏に一度掘り上げてあげると、来年以降の収穫量が増やせます。

また、放置しすぎると雑草や病害虫の被害に気付きずらくなるので、注意しましょうね。

「家庭菜園をはじめてみたい、でもなかなか忙しくて手がかけられない…」、そんな方には菜園アドバイザーがいる、『シェア畑』がおすすめですよ。

畑だから毎日の水やりは必要ありません。肥料も農園に準備されているので、自由に使うことができます。「週に1回も通えない」方には、お世話付きの区画や栽培代行サービスもあるので、気軽にお問い合わせください。

近くのシェア畑を検索!
▼▼▼
サポート付き貸し農園【シェア畑】

タイトルとURLをコピーしました