放置しても育つ野菜、一度植えたら2~3年は収穫できる【春夏編】

春の畑の画像

野菜の中でもニラ・三つ葉・シソは、手間をかけず放置しても育ち、一度植えれば2~3年は同じ場所で収穫できます。

また、ワケギやモロヘイヤは使う分だけ収穫すると、後から葉が再生して便利ですよ。

ただし、どの野菜も最低限の作業(水やり・肥料・間引き)は必要です。では早速、放置しても育つ野菜と育て方をご紹介します。

関連する記事

「放置しても育つ秋の野菜」はこちら
「放置しても育つ冬の野菜」はこちら


広告

放置しても育つ野菜、優秀なのはニラ

ニラは3月に種をまくと、1年目は8月中旬~10月頃まで、2年目以降は6月~10月頃まで収穫できます。

ただし、1年目はあまり収穫せずに、9月~隔週で3回ほど肥料を与えておくと、翌年の春以降から何度も収穫できます。

ニラの栽培方法

3月に種から栽培するのが一般的です

  • 種をまく場所が決まったら溝を作り、1cm間隔に種をまいて5㎜ほど土を被せる
  • 本格的にニラ栽培するなら、草丈が20㎝ほどに成長したころ植え替える
  • この時、1か所に3~5本ずつ・30cm間隔に植え付け、成長するたびに土を被せ土寄せする
  • ただし、1年目は種をまいたらそのまま放置して9月に肥料を与え、冬に葉が枯れたら刈り取って、来年の収穫を目指しましょう

2年目以降は少しだけ手をかけて

  • 5~6月頃、草丈が30cmほどに伸びたら葉の部分だけを刈り取り収穫
  • 刈り取ったら小さじ1杯の肥料か、水やり代わりに液体肥料を与える
    (こうすることで次々と葉が再生します)
  • 夏になると花茎が出てくるので、つぼみのうちに摘んでおく
  • ニラは、数年植え続けると土の中で込み合い葉が細くなるので、3年を目安に株分けして(3~5株ずつ)植え替える
関連する記事はこちら


三つ葉は放置すると雑草化するほど育つ

三つ葉は、日本原産野菜なので放置しても育てやすく、真冬以外は種まき可能。

春(3月下旬~6月上旬)に種をまくと、初夏には花が咲き、放っておくと種が落ちて雑草化することもあります。

お正月に三つ葉を使うなら、9月に種まきすると年末から収穫できますよ。

三つ葉の育て方

三つ葉は密集させて育てると、茎が柔らかく美味しく育ちますが、あまり密になりすぎるのもよくありません。

また日当たりを調整するので、移動できるプランターか鉢植えがおすすめです。

【栽培手順】

  • プランターや鉢に培養土を8分目まで入れる
  • 割りばしなどを使って深さ5㎜の溝を作り、1cm間隔に種まき
  • 軽く土をかぶせ手のひらで押さえておく
  • 種が水の勢いで出ないよう、やさしく水やり
  • 芽が出るまで(およそ10日~2週間)水は切らさないようにし
  • 芽が出揃ったら込み合ってるとこだけ間引きし、あとは土の表面が乾かないよう水やり

収穫のタイミング

収穫までの目安は、春・秋まきで50~60日。

草丈が15cmくらいになったら、根元を5cmほど残して切り取ると、あとから新芽が出てきます。また、株の外側から少しずつ葉を摘み取ると、新芽の成長が早くなります。

摘み取ったら週1程度、薄めた液体肥料を与えると長く収穫できますよ。

三つ葉は霜に当たると茎の部分が枯れますが、春になると新芽と落ちた種の発芽も期待できるので、放置しても育ちます。

シソはこぼれ種で毎年育つ

シソは育ち始めると、たくさんの葉をつけ草丈が70~80㎝程まで伸びます。

放置しても十分収穫できますが、3~5節目で枝をカットしておくと、脇芽が伸びてさらに収穫量が増えます。

シソの育て方(青じそ)

シソは土が乾燥するとしおれ、葉が傷んで食べれなくなるので、水切れ注意。またシソの葉は、夏の強い日差しを浴びると硬くなるので、半日陰の場所が適しています。

【栽培手順】

シソが発芽するのは20℃以上、なので十分暖かくなった春(4月以降)に種まきすると良いでしょう。

  • 植える場所が決まったら種を1~2cm間隔でばらまき、薄く土をかける
  • 種が流れないようやさしく水やり
  • 土が乾燥しないよう、濡れた新聞紙をかけておくと便利
  • 双葉が開いたら1回目の間引きをし「芽ジソ」を収穫
  • 本葉が3~4枚くらいになったら、2回目の間引き(若苗)
  • 最終的に20㎝くらいの間隔に間引き、軽く肥料を施す
  • シソの草丈が30cmほどになったら(根元から4~5節目)、頂上の葉をカットして脇芽を伸ばす

1回目の間引きで採れた「芽ジソ」は刺身のつまに使用され、カツオなどと相性が良いです。また2度目に間引きした若苗は、サラダやあえ物として食べれます。

大葉~穂シソ~実シソの収穫

【大葉の収穫】
シソの葉は、小さいうちに収穫すると成長が遅くなるので、草丈30cmくらいになったら、外側の大きめの葉から収穫していきます。

【穂シソ】
秋になるとつぼみをつけた花穂が伸び、花が半分くらい開花したタイミングで「穂シソ」として収穫します。シソは花がつくと葉が硬くなるので、「大葉」として長く収穫するなら、早めに花芽を摘み取っておきましょう。

【実シソ】
実シソは、穂先に花1、2個を残した頃に収穫します。

「穂シソ」は刺身のつまや天ぷらとして、「実シソ」はつくだ煮やしょうゆ漬けにするとおいしくいただけますよ。

収穫しきれなかった実は、枝ごと刈り取り陰干しして乾燥させると種がとれます。が、シソはこぼれ種でも翌年には十分芽が出るので、枯れるまで放置してそのまま処分しても良いでしょう。

ワケギは根元を残して収穫する

ワケギは種をつけないので球根から育てますが、根元を残して収穫すると葉が再生し、放置しても数回は収穫できます。

ワケギの育て方

ワケギは8月~9月に植え付けて、草丈が15㎝ほどに成長したら根を残して収穫、水やり代りに薄めた液体肥料を与えると20~30日で再生します。

【栽培手順と収穫

  • 深さ15cm以上のプランターを用意し、培養土を8分目まで入れる
  • ワケギの球根の頭が出るか出ないか程度に、株間を15㎝あけてに植え付け、たっぷり水やり
  • 草丈が20~30cmほどに伸びたら、根元を5cm残して収穫
  • 収穫したら肥料を施しておく
  • ワケギの収穫が終わったら根元を残し、放置して球根を肥えさせる

ワケギはずっと同じ場所に植えたままでも、育たないことはありません。ただ株が込み合ってしまい、次第に葉が細くなったり収穫量が減ってきます。

なので、5月~6月には球根を一度掘り上げ風通しのよいところで保存、8月~9月にまた植えつけると良いでしょう。

モロヘイヤは次々と収穫できる

モロヘイヤは夏の時期に栽培しますが、病害虫に強く自生力があり育てやすい野菜です。

モロヘイヤの完熟した種には毒性の強い「ストロファンチジン」という成分が含まれてます。絶対に食べることがないよう、また幼児やペットが口にしないよう注意してください。

モロヘイヤの育て方~収穫まで

種まきは4月下旬~5月中旬、気温が十分高くなってからにします。

【栽培手順】

  • 種は一晩、水に浸けておくと発芽しやすくなる
  • 3号ポット(9㎝)に土を8分目まで入れ、3ヶ所にくぼみをつけ1粒ずつまく
  • 薄く土を被せ手のひらで軽く鎮圧し水やり
  • 発芽するまで乾燥しないよう、芽が出たら毎朝水やり
  • 本葉が1~2枚の頃1~2本に間引き
  • 本葉が5~6枚になったら、株間を20㎝ほどあけ定植する
  • 草丈が30cmくらいになったら、枝の先端を摘み取り脇芽を伸ばす

【収穫】

  • 7月、草丈が50~60㎝になったら収穫開始、葉先の15~20㎝くらいの柔らかい部分を摘み取る
  • 収穫がはじまったら20~25日間隔で追肥する
  • 秋になり黄色い花が咲き始めたら収穫終了

\発芽促進におすすめ/


あると便利なパセリ

パセリは、暑さ寒さに強い野菜ですが、種は15~20℃の気候を好むため、春(3月中旬~4月中旬頃)に種まきするのがおすすめです。

【栽培手順】

  • 育苗ポットやセルトレイに4~5粒ずつ種をまく
    ※パセリは発芽率が悪いため、たくさんまいても大丈夫
  • 本葉が1~2枚の時、込み合った部分を間引き
  • 本葉5~6枚になったら、プランターなどに15㎝間隔で定植する

パセリは、夏から秋にかけて花芽を付けるので、見つけたらこまめに摘み取っておくと長く収穫できます。

春から育てたパセリは、秋に収穫が終わり、品種によって多年草化したり、そのまま枯れることもあります。

まとめ

春から夏にかけては気温が高く、放置しても野菜が育ちやすい季節です。

上記の野菜以外にも、ピーマン・ナス・ゴーヤ・ミニトマト・キュウリなどは育てやすいです。

プランターの場合は、水切れを起こしやすいので土が乾かない程度の水やりと、栽培期間が長いものは、追肥も忘れずに施しましょう。

\熱中症対策に/