スポンサーリンク
日常生活

疲労回復にいい野菜とは旬のものを旬に食べる!ランキングでご紹介

体が疲れを感じたときは、必要な栄養素が不足しているサインです。そんな時は、旬の野菜を積極的に取り入れ、エネルギーを効率よく作り出せる体づくりを目指しましょう。ここでは疲労回復に役立つ野菜を季節ごとにご紹介しています。
育てる

家庭菜園で人参が甘くなる秘訣とは?間引きの時に卵の殻を混ぜる!

家庭菜園で甘い人参を育てるポイントは、”臭みと苦みを抑えショ糖を増やす”卵の殻肥料を活用することです。種まきの土に「元肥」として混ぜたり、2回の間引きの際に追肥として与えるとよいでしょう。また、食酢に卵の殻を漬け込み「酢酸カルシウムの液肥」として使うことも可能です。
育てる

トマト栽培で収穫量を増やすには?枝を切って捻る連続摘心栽培なら収量2倍!

一般的なトマト栽培では脇芽をかいて1本立ちに仕立てますが、そのセオリーに反し脇芽を伸ばす「連続摘心栽培」にすると、収穫量を増やすことができます。一緒に「捻枝」というテクニックを使うと、美味しいトマトに仕上がりますよ。
育てる

サニーレタスに虫がつかない方法はある?絶対じゃないけど予防策はある!

サニーレタスにはアブラムシやナメクジなどがつきやすいですが、害虫の特徴を知ることで効率よく防げたり、駆除することができます。家庭菜園を楽しむためには、植物の育て方だけでなく害虫に関する基礎知識も必要です。
育てる

ベランダ菜園で虫がつきにくい野菜と害虫から野菜を守る予防策!

ベランダ菜園は限られたスペースなので、虫がつきにくい野菜を選び防虫対策して野菜作りすると良いでしょう。また、短いサイクルで収穫できる一年草の野菜を選ぶと、虫がつきにくく収穫することができます。
育てる

家庭菜園を室内で始めるなら虫がつきにくい水耕栽培がおすすめ!

家庭菜園を身近な室内で始めるなら、虫がつきにくく草むしりも不要な水耕栽培が簡単でおすすめです。絶対虫がつかないとは限りませんが、身近なもので始められる水耕栽培は、天候にも左右されないので家庭菜園初心者にもおすすめです。
育てる

家庭菜園で野菜に水やりを忘れたときの対処法と水やりのコツ!

野菜に水やりを忘れたときは、まずたっぷりの水を与え様子を見ます。この時、水に液体肥料などを混ぜると逆効果になるので入れないようにしましょう。また枯れた葉っぱや余分な茎などはカットして、苗の負担を軽くしてあげると良いでしょう。
日常生活

水耕栽培で米のとぎ汁は液体肥料の代りになる?そのままでは使えません

米のとぎ汁にはたくさんの栄養成分が含まれており水耕栽培の液体肥料として使うことは可能です。が、牛乳を加え2週間ほど発酵させる手間がかかります。またどんな成分が含まれるか分からないので、水耕栽培にはあまり向いてません。
日常生活

豆苗を再生したら伸びすぎたけど食べれる?筋っぽいけど加熱すれば大丈夫

豆苗は簡単に再生する野菜で、伸びすぎても食べることができます。ただし茎の部分が筋っぽくなり硬くなるので、生食には不向きなため加熱調理すると良いでしょう。ここでは伸びすぎた豆苗の対処法と上手に再生させる方法について解説します。
日常生活

もやしが成長すると大豆になる?収穫するレベルまで育てるのはかなり難しい

豆がついたままの大豆もやし、そのまま土に植えたら育ちそうですが、食用として栽培されているので大豆を収穫できるレベルまで成長させるのは難しいです。また安価なもやしは「緑豆」から作られているので、大豆にはなりません。
日常生活

エリンギの賞味期限はパックのまま未開封で保存すると短くなる!その理由と正しい保存方法

エリンギの賞味期限はおよそ1週間ですが、パックのまま未開封で冷蔵庫に入れると2~3日しか持ちません。その原因は「酸化と湿気」、ここではエリンギを未開封のまま保存してはいけない理由と、正しい保存方法・賞味期限について解説します。