にんにく栽培で葉っぱ枯れる原因はおもに3つ、「生理的な現象・肥料・病害虫」

にんにく栽培の画像

にんにくは秋に植え付け、翌年の春に収穫しますが、冬の間と収穫直前には必ず、葉が枯れます。

これはにんにくの『生理的な現象』なので、心配無用、収穫にも影響ありません。

ですが他にも、『肥料不足や肥料焼け』『病気や害虫』被害で、葉が枯れることがあり、場合によっては収穫量を左右することもあるので注意が必要。

ここでは、『にんにくの栽培中に枯れる』原因と対処法を詳しく解説します。

▼楽天でにんにくの種球を見る▼
ホワイト六片 種球・約200g(10〜15個)【国産】

にんにく栽培で葉が枯れる3つの原因

ニンニクの画像

にんにくは秋(9月中旬~10月中旬)に植え付け、春(5月下旬~6月中旬)に収穫しますが、栽培期間中に葉が枯れる原因はおもに3つあります。

【その1】生理的現象・にんにくは必ず2回、葉が黄色く枯れたようになる

まず1回目は12月~2月頃まで。(地域の温度差によってズレがあります)

にんにくは寒くなると成長するのをやめ、休眠状態になります。このころに出揃った葉は、寒さに当たって黄色くなることがあります。

次に葉が黄色くなるのは、役目を終えた5月頃。

にんにくの玉が熟成したことで、休眠に入り生育をやめ、下の葉から黄色くなり始めます。

そして全体の2/3ほど枯れたら収穫のサインです。

【その2】肥料不足とまく場所

にんにく栽培では、寒い冬を無事に越し収穫できるよう、肥沃な土を用意して種球を植えつけます。

さらに成長を促すため、冬本番前の12月と、休眠から目覚める2月に追肥を施します。

この2回の追肥を忘れると、肥料切れを起こし、スタミナ不足で枯れることがあります。

また追肥を施すとき、根元に近すぎたり量が多いと、根っこが害をきたし肥料焼けになり、場合によっては枯れることも。

にんにくは種球の大きさに対し、意外と多くの肥料を必要としますが、タイミングとまく場所には注意が必要です。

光合成で作られる養分は冬の間、根と茎に蓄えられ、春になると収穫される実に蓄積されて大きくなります。

なので、寒くなって葉が枯れる前に十分、地上部分を成長させておく必要があるため、12月の追肥は重要な役割があります。

【その3】害虫と病気

にんにくはコンパニオンプランツとして、他の植物の『虫よけ』に使われますが、にんにく自体にも害虫はつくものです。

中でも厄介なのがアブラムシ。

葉や茎に付いて、植物の汁を吸い成長を阻害し枯らせたり、ウイルス病・モザイク病などを媒介します。

風通しや水はけが悪いと害虫も繁殖しやすく、さらに病気にもなりやすくなります。

▼アブラムシに効く液肥はこちら▼
【楽天】ハイポネックス原液・殺虫剤入り

にんにくを枯らさないための対処法

にんにくの花の画像

にんにくが冬と収穫直前以外に、枯れてきたら要注意。

時期や葉の症状を観察し、肥料によるものか?あるいは害虫・病気なのか?を見分けます。

肥料が原因の場合

にんにくは栽培期間中、2回の追肥を施します。

1回目は12月、その後にんにくは成長をやめ休眠期に入るので、葉が枯れても心配なく肥料が原因ではありません。

気をつけたいのは2回目の追肥後です。

2月中旬、休眠から覚めた頃に2回目の追肥を施しますが、3月に入って葉が全体的に薄くなったら、肥料切れ(不足)のサインです。

この場合、速効性のある液体肥料を規定通りに薄めて与え、様子を見ましょう。

また、2回目の追肥直後や収穫には早い4月頃、葉色が悪くなったら『肥料焼け』の症状です。

この場合、大量の水を与えて土の中から肥料を流しだすか、新しい土を足してなじませ様子を見ます。

害虫や病気が原因の場合

にんにくの臭いの元になるアリシンには、害虫を寄せ付けない効果があるといわれますが、必ずしも害虫被害を予防できるとは限りません。

特に4月~6月頃、収穫直前のにんにくの葉に、アブラムシがつくことがあります。

アブラムシは繁殖力が強く、モザイク病など病気の原因ウイルスを媒介することもあるので、見つけたらすぐに駆除しましょう。

専用の薬剤を使えば、駆除だけでなく予防することも可能です。

また、窒素が多い肥料を過剰に与えると、アブラムシがつきやすくなるため、バランスの良い肥料を選んで与えます。

▼害虫退治にこの1本!▼
【楽天】アースガーデン 園芸用殺虫剤

にんにくがかかりやすい病気として、さび病・春腐病・葉枯れ病があります。

【さび病とは】

カビの一種である菌に感染して起こる病気で、葉の表面に黒や褐色、白い斑点ができます。

初期段階なら、斑点のある葉を切り取って処分しますが、症状が全体的に進んでいると株ごと処分し、広がるのを抑えます。

【春腐病とは】

種球を植えつけ葉が2~3枚の頃から出始め、葉先が細くなります。

症状が進行すると、葉の根元や種球まで腐らせ、広く感染する前に株ごと引き抜いて処分しましょう。

【葉枯病とは】

斑点や黄色みがかった細かい縦線が出たり、先端が枯れたようになります。

早めに発見した時は、有効な殺菌剤を散布し、水はけを良くしてほどよく乾燥するよう心がけましょう。

アブラムシや春腐病・葉枯病は、風通しや日当たりの悪い場所に発生しやすいため、にんにくを複数栽培するときは密植を避け、日当たりが良く、水はけの良い環境を整えましょう。

▼殺虫殺菌におすすめ▼
【楽天】ベニカXネクストスプレー 1000ml

まとめ

にんにく栽培では期間中2回、冬と収穫直前に生理的現象として葉が枯れます。

他にも、肥料の過不足や病害虫の被害によって、葉が枯れたり株ごとダメになることもあります。

病気や害虫の場合、早めに発見できれば対処も早くでき、感染を予防することも可能です。

にんにくを栽培するときは

  • 日当たりと水はけの良い環境
  • 密に植えず風通しを良くする
  • 年に2回、栄養バランスの良い肥料を追肥
  • 足りなければ液肥を10日に1回のペースで与える

などを心がけ、春の収穫を楽しみましょう。

▼カラフルニンニク種球▼
【楽天】にんにく紫々丸 種球・国産

PS.

にんにくは、疲労回復や免疫力アップ、美肌作用があるといわれますが、食べた後の口臭や体臭が気になりますね。

「夜に食べたにんにくの臭い、翌朝まで気になる」そんな方には、エチケットサプリの『VRハーバルローズサプリメント』がおすすめですよ。

1粒にオーガニックローズオイルを閉じ込め、飲んですぐに吐息や身体からローズの香りが続きます。

今なら1袋180粒入り、約1か月分が初回限定・送料無料で1,980円で始められます。

毎月1袋づつのの定期コースですが、回数に縛りがなく、いつでも休止解約OKです。

詳しくは『VRハーバルローズサプリメント』のHPをご覧ください。
▼▼▼
大人のエチケット口臭ケア・バランローズ

タイトルとURLをコピーしました