ミツカンのリンゴ酢で洗顔しても大丈夫?肌のためには”純”リンゴ酢がおすすめ

リンゴとお酢の画像

肌荒れやトラブル予防になるといわれる、リンゴ酢洗顔。

ミツカンの「リンゴ酢」ならコスパが良くどこでも買えて便利ですが、成分にアルコールを含んでいるので洗顔には向いてません。同じミツカン酢なら、原材料がリンゴ果汁だけの「純リンゴ酢」がおすすめです。

リンゴ酢洗顔は通常の洗顔後、水かぬるま湯にリンゴ酢を入れ、すすいでそのまま肌になじませるようにふき取ります。つまり、肌にリンゴ酢の成分が残るんですね。

なので、肌への刺激を考えると、アルコールや不純物を含まない「純リンゴ酢」の方が安心です。

ここでは、リンゴ酢洗顔の注意点とやり方を解説してます。

リンゴ酢洗顔には原材料がリンゴ果汁だけの「純リンゴ酢」がおすすめですよ

リンゴの画像

普通のリンゴ酢とは、「1ℓあたり300g以上の搾り汁」を使用し、アルコールが含まれています。一方、純リンゴ酢は「リンゴ果汁」だけ。

なので洗顔に使うなら、刺激が少ないノンアルコールの「純リンゴ酢」を選ぶと良いでしょう。

敏感肌や乾燥肌、アレルギー・アトピー肌の人は注意が必要

リンゴ酢洗顔では、お酢を約10倍ほどに薄めて使いますが、敏感肌・乾燥肌の人にはアルコールを含まない「純リンゴ酢」でも、少し刺激が強いかもしれません。

まずはリンゴ水の濃度を、薄め20~30倍くらいから始めてみましょう。

それでも肌がピリピリ感じたらすぐに使用を中止して、きれいな水やぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

またアレルギーやアトピー肌の方は、いきなり洗顔するのではなく、顔以外の部分に少しつけて、赤くならないかどうか?を確認してから始めましょう。

洗顔頻度は週1~2回

リンゴ酢のおもな成分は酢酸で、強い殺菌力があります。

一方、私たちの皮膚表面や毛穴の中にはつねに、約20種類、数百億個の常在菌が存在し、健康的な肌を守る働きをしています。

この常在菌は、3つの種類「美肌菌(善玉菌)・悪玉菌・日和見菌」に分けられ、それぞれが種類ごとに縄張りをもって生息しており、バランスが大切です。

なかでも美肌菌は、肌の表面近くに棲みついてるため、洗顔の場合は回数を最小限にとどめておくのが良いのです。

肌の菌活におすすめローションはこちら
⇒業界初!乳酸菌が4,000億個入った乳酸菌ローション

洗いあがりサッパリしたいor匂いが気になる人は洗い流そう

リンゴ酢洗顔ではお酢を10倍に薄めて使い、洗い流さず肌になじませますが、正直お酢の匂いがキツイデです…

なので、洗いあがりサッパリしたい方や、お酢の匂いが気になる方は洗顔後、水かぬるま湯で洗い流しましょう。

【おまけ】ミツカン・リンゴ酢と純リンゴ酢の比較

【リンゴ酢】

価格:300円

成分:リンゴ果汁(外国製造)
   アルコール

酸度:5%

【純リンゴ酢】

価格:576円

成分:リンゴ果汁(国内製造)

酸度:5%

mizkan・HPより

上記のとおり、成分(原材料)が違うだけで価格が倍になってますね。例えば「果汁30%と果汁100%」のジュースでは、果汁が濃いほうが「値段が高い」というのと同じです。

リンゴ酢洗顔の方法

リンゴ水の画像

リンゴ酢洗顔で使うリンゴ水は、水:リンゴ酢=10:1が基本です。

【リンゴ水の作り方~洗顔方法】

  • 洗面器に水かぬるま湯を500ml用意する
  • ここに、リンゴ酢を50ml入れ、良くかき混ぜる
  • 10~15回ほど顔をすすぐ
  • 肌になじませるように水分をふき取る
  • 洗顔後はいつものスキンケアでOK

※結構、お酢のにおいがキツイです。

気になる方は、お酢を少なくしたりすすぎの回数を減らす、または水かぬるま湯で洗い流すとサッパリ仕上がりますよ。

洗顔後のバリア機能を高めるなら、生の乳酸菌入りローションがおすすめ

⇒乳酸菌が4,000億個入った乳酸菌ローション

吹き出物対策には、拭き取る方法やパックもできる

リンゴ酢は弱酸性なので、肌につけることで皮膚のpHバランスを整え、吹き出物対策としても使えます。

【拭き取り法:リンゴ水の作り方~やり方】

  • 水:リンゴ酢の割合は
    • オイリー肌の場合 1:1
    • ノーマル肌の場合 2:1
    • 敏感肌の場合   3:1
    • 超敏感肌の場合  4:1

【パックのやり方】

  • 自分の肌に合った濃度のリンゴ水でコットンを湿らせ、気になる部分に置く
  • 10分ほどしたら、ぬるま湯で洗い流す

集中ケアしたいときは、1日2~3回・2~3日試してみてください。

まとめ

リンゴ酢洗顔のやり方はとても簡単ですが、使用するリンゴ酢はアルコールを含まない「純リンゴ酢」を選びましょう。ミツカンの純リンゴ酢なら、たいていのスーパーに置いてあり安価なのでおすすめです。

また、リンゴ酢には殺菌作用があるため、リンゴ酢洗顔のやりすぎは要注意。肌表面の常在菌バランスを保つため、週1~2回程度にしておきましょう。

リンゴ酢洗顔は、韓国の人気アイドルBTSのメンバーが情報発信したことで話題になりました。なかでも、ニキビによる肌トラブルの効果が注目されてますね。

ですが、繰り返す大人ニキビは、洗顔だけでは対処することができません。

特に女性の場合、女性ホルモンのバランスが乱れると、肌の潤いが不足し大人ニキビだけでなく、様々な肌トラブルが起こります。

なので、ニキビができにくいすこやかな肌を保つためには、根本から改善する必要がありますね。それには

  • 女性ホルモンのバランスを適度に保つ
  • 肌の潤いを補い、バリア機能をサポートする
  • 毛穴の汚れ・つまりを除去する

ホルモンバランスを整えるには、アロマの香りをかいだり、生活習慣を見直す・エクササイズなど様々な方法があります。

また肌の潤いを保つには、セラミドやスクワランなどが効果的。

ニキビの原因、毛穴のつまりを除去するには、汚れを吸着する洗浄成分でしっかり洗顔することが大切です。

ラ・ミューテの肌きれいスターターキットなら、「洗う・潤す・キープする」の簡単3ステップで、本気のニキビケアが出来ちゃいますよ。

気になる方は、180日返金保証・キャンペーン中のHPをご覧ください。
⇒ラ・ミューテ 美肌セット

タイトルとURLをコピーしました