※アフィリエイト広告を利用しています

ホーム・アローンのケビンは何人兄弟?家族構成を家系図で解説!

「ホーム・アローン」の映画では、冒頭から子ども11人・大人4人合計15人登場するので、ケビンの兄弟や家族構成を整理して紹介します。

まずは主人公のケビンですが、兄2人・姉2人の5人兄弟の末っ子。その他の子ども6人は、ケビンのいとこに当たります。

つまりパリ旅行の前夜、家に集まったのは、ケビンの家族7人・ケビンのおじさん家族7人・そして出発先のパリに転勤したおじさんの娘の合計15人。

「ホーム・アローン」は、この大家族がクリスマス休暇の旅行で、ケビンがたった一人、家に取り残されてしまうことから大騒動が起こります。

スポンサーリンク

ホーム・アローンの主人公ケビンって何人兄弟?

『ホーム・アローン 4K UHD』予告編
4K UHD、ブルーレイ、DVD発売中デジタル配信中(購入/レンタル)驚異の世界的大ヒットを放った、スーパー・コメディ第1弾!【公式サイト】【Twitter】
               ホームアローン ● 家族 クズ              ホームアローン ● ホームアローン おじいさん 誰 名前 ホームアローン ● ホーム・アローン家族構成 子どもたちは何人 

主人公のケビンは、5人兄弟の末っ子で8歳の男の子。

長男:バズ

年の離れた末っ子ケビンに対して、意地悪したりからかったりするお兄ちゃんで、部屋ではタランチュラを飼ってます。ケビンが屋根裏部屋で寝かされるキッカケを作り、パリに着いてからも、家に残されたケビンを心配する素振りも見せず、「あのクソガキにはいい薬だ!」と言い放ちます。

次男:ジェフ

長兄バズと同様、ケビンをバカにして「邪魔なんだよ、害虫野郎」とまで言ってしまいます。

長女:リニー

歯の矯正器具をつけてる少女で、ケビンの行動を見てわざわざフランス語で「les incompétents(無能)」とバカにするところがある。

次女:ミーガン

旅行前にケビンが、自分の荷造りができないことに対して苛立ち、「間抜けなお坊っちゃま」「何一つできない、いつも人にやらせるじゃない?」とあしらいます。

末っ子:ケビン

兄弟とはケンカや言い争いすることが多く、両親や親戚からもトラブルメーカー扱いされますが、年相応の臆病なところもあります。

パリ旅行の前夜、長男バズとのトラブルをきっかけに、屋根裏部屋で寝かされることになると「こんな嫌な家族、みんな消えちまえ!」と強がる一面を見せますが…心の中では、家族のことが大好きな少年です。

兄弟の性格は?

長兄のバズは、ガキ大将のような体格をしており見るからに意地悪そう、弟ケビンに対してはいつもケンカ腰。ですが、パリから戻ると「やぁケビン、よく家を燃やさなかったな」と、弟との再会を喜ぶ一面もあります。

しかし留守中、勝手にケビンが自分の部屋に入りメチャクチャにしたことを知り、いつもの兄弟関係に。

姉のミーガンはパリに着いてから、ケビンのことを「小さいのに一人ぼっち、きっと泣いてるわ」と言い、とても心配しています。

他の兄弟たちも、急遽パリ旅行を返上し家に帰り、無事なケビンを見ても責めたりしません。いつも口げんかしてますが、本当は仲の良い兄弟なのがわかりますね。

ホーム・アローンのマカリスター家の家族構成

ケビンは上記の兄弟4人と両親の7人家族。フランク叔父さんも5人の子どもがいる大家族。

父:ピーター・マカリスター

職業はわかりませんが、シカゴに600坪もある豪邸で暮らし、泥棒が一番に目をつけるほどの金持ちに見える裕福な家の主。警官に偽装した泥棒にも対しても、「一杯どうだ?」と言ってしまうほどの気さくな性格です。

ちなみにピーターは、マカリスター家の三男。

母:ケイト・マカリスター

日頃からケビンには手を焼いていて、厳しいところもありますが、優しくて愛情深いお母さん。

ケビンを置き去りにしたことに罪悪感を感じ、何としてでも家に帰ろうとします。空港職員にも「滑走路に立って飛行機をヒッチハイクしてやる、帰るためなら何でもするわ、私にハイジャックさせたいの?」とまで言ってしまう、気の強さを持ち合わせた女性です。

叔父:フランク・マカリスター

ケビンの父ピーターのお兄さんで、フランクおじさんと呼ばれています。ケチな性格でケビンに対しても「悪ガキ!」と怒鳴ります。

ケイトが飛行機の中で、家にケビンを置いてきたことにショックを受けていると、「私もメガネを忘れたよ」と言ってしまう、ちょっと空気が読めない残念な性格のようですね。(マカリスター家の長男)

叔母:レスリー・マカリスター

フランクおじさんの奥さんで、メガネを掛けた体格の良い女性。旦那の性格にはちょっと、手を焼いてる様子が見られます。

さんの子どもたち5人

フランク叔父さんの子どもたちは、長男のロッド・次男のフラー・長女のトレイシー・次女のソンドラ・三女のブルックの合計5人、こちらも大家族ですね。

作品で登場する、一番末っ子でメガネをかけたフラーは、「おねしょが治らない子」として、ケビンも嫌っていました。ですが彼、ケビンを演じたマコーレー・カルキンの実の弟キーラン・カルキンで、本作がデビュー作となったようです。

従兄弟:ヘザー・マカリスター

ケビンのいとこで、マカリスター家の次男・ボブの長女。さっぱりとした性格で、子どもが11人いるのか数える役割を与えられたしっかり者です。が、人数確認では、近所に住む少年をケビンと間違えてカウントしてしまうミスを犯します。

マカリスター家の家系図

ピーター・マカリスター家の家系図

ケイトの相関図


フランク・マカリスター家の家系図

フランク家の相関図


まとめ

ホーム・アローンの中で主人公のケビンは、5人兄弟の末っ子、両親と合わせて7人家族です。

作品の中に登場する子どもは合計11人で、なかにはケビン役のマコーレー・カルキンの実の弟、キーラン・カルキンもいるので、注目してみてください。

ケビンは旅行出発の朝、家に誰もいなくなりガレージに車があることから、取り残されたことに気づかず、「僕の願いが通じたんだ…ついにみんなを消してやったぞ!」と喜び、自由な時間を満喫します。

ですが、次第に寂しさを感じ、偽物と知りながらもサンタさんに、こんなお願いをします。

「今年はプレゼントいらないから、家族を返して欲しい。おもちゃの代わりにパパとママとバズとミーガンとリニーとジェフ、それから叔母さんといとこ、ついでがあったらフランク叔父さんも」。

ホーム・アローンは、家族の大切さとその「大切に思う気持ち」を素直に伝えること、また大事なものを守るための行動と勇気を教えてくれる作品で、クリスマス映画の代表作。

ぜひ家族と一緒に、楽しんで見てください。

エンタメ
スポンサーリンク
ふとまログ