食器洗剤キュキュットで洗うと臭いが残る?そんなときの対処法

キュキュットで食器や弁当箱・水筒を洗うと、「洗剤の臭いが残る」と感じる人がいます。

その原因としては、洗剤の「使用量の目安」と「使用上の注意」を守ってない事が考えられます。

キュキュット本体の裏面には

  • 洗剤は薄めて使う(水1ℓに対して洗剤0.75ml)
  • すすぎは流水で5秒以上流す
  • ため水の場合、水を変えて2回以上行う

以上の3点、守れているでしょうか?確認してみましょう。

それでも気になるときは、『すすぎの最後に熱湯』をかけると、スッキリ臭いが落ちますよ。

ここでは、食器洗剤キュキュットで洗うと「食器やお弁当箱に臭いが残って料理が台無し」、そうならないための対処法を解説します。

キュキュットの臭いが残るときの対処法

食器を洗ってる画像

どんな食器用洗剤を使う時も、その洗剤に記載されてる「使用料の目安」と「使用上の注意」を守りましょう。

キュキュットの場合、使用料の目安

食器や調理用具の場合、0.75mlの洗剤に対して1ℓの水で薄めて使います。つまり、「水を入れた桶などに洗剤を入れ、その中で洗う」のが基本。

ですが一般的には、スポンジに原液をつけて使うので、1回の洗い物で洗剤を使いすぎてることが原因で、臭いが残ってる可能性があります。

まず「洗剤は薄めて使う」ことを心がけましょう。

キュキュット・使用上の注意

食器・調理器具をすすぐ場合、流水では5秒以上、ため水の時は水を替えて2回以上行うのが基本です。

「しっかりすすいでる」と思っていても、泡が流れた程度では十分とは言い切れず、臭いが残ることがあります。

1つ1つ丁寧に、5秒以上流水ですすいでください。

すすぎの最後に熱湯をかける

キュキュットの使い方、使用上の注意を守っても、洗剤の臭いが残るときは、最後に熱湯(※)をかけてみてください。

そうすることで、洗剤成分がキレイに洗い流され臭いが残ることもありません。

(※)
一般的に95~100℃に沸かしたお湯のこと。
タンパク質汚れ(肉や卵、乳製品など)は熱が加わることで固まる性質がある(およそ60℃前後)ため、”熱めのお湯”程度ではかえって臭いの原因になります。

陶器やプラスチック製品は臭いが残りやすい

陶器の食器は、水分を含みやすい構造になっているため、洗うたびに臭いも吸着しやすいです。

また、タッパーやお弁当などプラスチック製品は素材の性質上、臭いだけでなく、油脂汚れや色までも残りやすいです。

さらに、表面に細かい凹凸があることで、汚れが貯まりやすく、使用していくうちに傷ついて悪循環となります。

陶器の食器やプラスチック製品から、洗剤だけでなく染みついた臭いが気になるときは、重曹と酢を使うと軽減されます。

【臭いを軽減する方法】
水1ℓに対して重曹を大4杯+酢を大1杯溶かし、しばらくつけてから洗い流す。
(臭いの度合いによって重曹と酢の量を調整)

食器用洗剤の臭いが気になるなら、無香料タイプがおすすめ

洗った食器

食器用洗剤に香料が含まれるのは、リフレッシュ感が増進される『清潔感』を得ることが目的です。

【香料はどのように使われるか】

洗浄料・洗剤の場合、臭覚的メリット(リフレッシュ感が増進される)を利用したもので、石けん、シャンプー、台所用洗剤、洗濯用洗剤その他の家庭用洗浄剤(住居用など)は、全てそれらの商品目的にそった、それらの商品らしい香りが工夫されています。

日本化粧品工業連合会

とはいえ、食器や炊飯器まで洗剤の臭いが残っては、せっかくの料理も台無しになってしまいますね。

なので、臭いが気になる方には、無香料タイプの洗剤がおすすめです。

キュキュットなら「Clear泡スプレー無香料」

飛び散りにくいスプレーヘッド、1本で除菌・ウイルス除菌・消臭・くすみ落としなど、4つの効果で、油汚れにもスッキリ落とします。

サラヤ・ヤシノミ洗剤なら無香料&無着色

サラヤのヤシノミ洗剤なら、食品グレードの植物原料。だから肌にも優しく、臭い残りゼロ。

フロッシュの食器用洗剤、パフュームフリーもおすすめ

フロッシュ食器用洗剤パフュームフリーは、手肌に優しいノンアルコール処方。無香料、無着色で環境にも配慮された洗剤です。

「洗剤を使わない」という選択

洗剤を使わず油汚れをスッキリ落とす、それを可能にするのが「ミラブルキッチン」。

ウルトラファインバブル(※)を含んだミスト水流が、こびりついた汚れの隙間に入り込み、はがして落とすので洗剤が要りません。

【ウルトラファインバブルとは】

1μm未満の泡で、優れた洗浄力があります。
(1μm=1㎜の1,000分の1)
ちなみに、人間の髪の太さは約100μm。

食器や調理器具の汚れを落とす方法は、おもに3つ

  • スポンジなどを使ってこする、物理的な摩擦の力
  • 界面活性剤を使って、科学的に吸着・分解・乳化させる
  • お湯で油汚れを溶かす

これら3つの方法を組み合わせることで、たいていの汚れを落とすことができますが、それでもダメなときは、クレンザーを使うこともありますね。

最終手段ともいえるクレンザーですが、一般的なクレンザーの粒子は30~100μm、稀に超微粒子5μmのクレンザーもありますが、ミラブルキッチンのウルトラファインバブルはさらに小さい1μm。

だから洗剤やクレンザーいらずで、油汚れを一度できれいに落とします。

ミラブルキッチンは、自宅の水栓を交換するだけの簡単設置。水道水だけで洗うから、洗剤の臭いを気にする心配がありません。

さらに肌にも優しく潤いを与え、食材への浸透率もupするので調理時間も短縮できます。

しかも水の使用量はストレート水流で約25%、ミスト水流なら約60%もカットできるため、毎月水道代の節約にもなるんですよ。

ただし、取り付け不可な水栓タイプもあるので、詳細はHPをご覧ください。

ミラブルキッチンの
設置可能タイプを確認

▼▼▼
ミラブルキッチン

\今なら送料・手数料0円/

まとめ

毎日使う食器用洗剤の臭いが気になるときは、まず基本的な使い方を実践してみてください。

〇洗剤は薄めて使う
〇1つ1つ丁寧に洗い流す

それでもダメなら、最後に熱湯をかけたり重曹水に浸けてみたり、無香料タイプの洗剤に切り替えるのも1つの手段ですね。

また、ミラブルキッチンのミスト水流なら、頑固な油汚や野菜にも安心して洗うことができますよ。

手荒れが気になる方にもおすすめ
▼▼▼
ミラブルキッチン

【PR】
バスタイムにはミラブル plus

タイトルとURLをコピーしました