ライフスタイル

ひとりぼっちの50代・無職の末路…職歴なしで経済的に自立する方法とは!

50代は無職の期間が長いほど「仕事をしたくても採用されにくい」のが現状。ですが職歴がなくても働く形態にこだわらず、今すぐ行動すれば必ず「経済的に自立」することは可能です。ここでは50代無職の人が自立する方法を解説しています。
ライフスタイル

50代の独身女性がキツイと感じる原因は?「孤独・お金・健康状態」に対する不安

50代の独身女性は、精神的・現実的な問題に直面して「きつい」と感じることがあります。結婚するかどうかは個人の自由で尊重されるべきですが、想定できるリスクに備え早めの準備が必要です。そうすることで、老後に対する不安が軽減され今をもっと楽しく過ごすことができるからです。
ライフスタイル

「50代の独身女性はめんどくさい?!」その特徴と改善策とは?

50代の独身女性は、相手に対する理想が高かったり厳しく当たることもあり、周囲からは「めんどくさい」と思われることがあります。人生100年時代、第二の人生が始まる50代に「めんどくさい」と思われないようにするにはどうしたらよいのか?解説します。
ライフスタイル

「女50代・何をしても楽しくない」と感じる原因と対処法、上手に気持ちをシフトチェンジ!

50代女性が「何をしても楽しくない」と感じる主な原因は、更年期障害を含む体の不調と将来への不安や金銭的な問題です。解決するには色々な方法がありますので、ここでは問題ごとの解決策を分かりやすく紹介します。
ライフスタイル

50代の独身女性はかわいそう?!周囲からそう見られてしまう原因と対処法

50代の独身女性は周囲から「かわいそう」と思われがち。その原因としていまだに「結婚して当たり前」という風潮や、結婚=幸せと思う人が多いから。ですが独身だからといって決して、かわいそうでも不幸でもありませんし、「幸せは自分できめるもの」だからです。
育てる

スナップエンドウをたくさん収穫するには?「晩秋に種まき・芽出しして冬を越す」

スナップエンドウは春と秋の2回種まきできますが、秋に種まきして芽だしした状態で冬を越すと花がつきやすく収穫量をふやすことができます。春になって側枝が伸び始めたら、脇芽の先端から15㎝くらいの柔らかい部分を豆苗として食べることができます。
育てる

ミニダイコンの育て方、2ℓのペットボトルで空中栽培がおすすめ

ミニダイコンは、2ℓのペットボトルを縦に使って栽培すると場所も取らず空中栽培も可能です。ペットボトル1本にミニダイコンを1本ずつ育てるので、種まきの時期を少しずつズラして育てると、順番に収穫できるので便利ですよ。
育てる

茎ブロッコリーを美味しく育てるには?「米ぬかをリング状にまく」のがポイント!

茎ブロッコリーは、草た目が1m程のびて頂点に花芽がつくころ、株もとから5cmほど離れた場所に米ぬかをぐるっとリング状にまいておくと、甘くておいしく育ちます。ここでは、おいしい茎ブロッコリーの育て方をご紹介!
育てる

春菊を長く収穫するには?「摘み取りタイプ・”株立ち型”の品種」を育てよう!

春菊には、株元から側枝がたくさん出てくる”株張り”タイプと、脇芽が伸びやすい”株立ち”タイプがあり、長く収穫するには”株立ち”タイプを栽培します。次々と脇芽を収穫するので、水やりと追肥を欠かさないなどのポイントをまとめて解説します。
育てる

ブロッコリーの収穫何回できる?小さくなるけど3~4回は収穫できます!

ブロッコリーの品種には”頂花蕾専用品種”・”頂花蕾・側枝花蕾どちらも収穫できる品種”・”側枝花蕾専用品種”の3パターンあります。その中で”頂花蕾・側枝花蕾どちらも収穫できる品種”ならおよそ半年の間に3~4回は収穫できます。ここでは繰り返しブロッコリーを収穫する方法を分かりやすく解説しています。
育てる

かぶを割れないように育てる方法、3回の間引きでゆっくり大きくする!

かぶ栽培でみが割れないよう育てるポイントは、間引きを3回に分けて行うことです。こうすることでゆっくり実を太らせることができ、割れにくくなります。ここではかぶの間引きするタイミングから育て方までを分かりやすく解説しています。
タイトルとURLをコピーしました