50代一人暮らしの楽しみ方は?お金をかけずに満喫する方法教えます!

50代の一人暮らしは、上手な時間管理ができれば楽しみ方はたくさんあります。

例えば、図書館で本を借りて読んでみたり、毎日ウォーキングを日課にするのも良いでしょう。ベランダがあれば野菜や植物を育てるなど、自分に合った楽しみ方を探してみましょう。

ここでは、お金をかけずに50代一人暮らしを楽しむ方法と、今からできる老後生活の備えについてまとめています。

50代一人暮らし、お金をかけずに楽しむ方法

「50の手習い」という言葉がありますが、人は何歳からでも新しいことを始められます。

自宅でできる楽しみ方

  • 読書
  • 映画や音楽鑑賞
  • ガーデニング・家庭菜園
  • 料理・お菓子やパン作り

【読書や映画・音楽鑑賞】
近所に図書館があるなら、是非足を運んでみてください。図書館には、ありとあらゆる書籍が揃ってますし、DVDやCDもすべて無料で借りられますね。

さまざまな作品に触れることで、自分磨きにもつながります。例えば「趣味は何ですか?」と聞かれたとき、好きなジャンルの情報を加え「〇〇監督の映画とかが好きなんですよ」なんて言えたら、カッコいいと思いませんか?

また、U-NEXTなら31日間無料トライアル中に、見放題作品が230,000本以上、無料マンガは8,000冊以上、雑誌も160誌以上読み放題。期間中に解約すれば、料金がかかる心配もありませんよ。

【ガーデニング・家庭菜園】

花や緑を眺めていると、心が癒されますね。鉢植えを買うのもいいですが、種から育てるのも楽しいですよ。芽が出て成長し、やがて花が咲いたり収穫したり…、家庭菜園なら食べる楽しみもあります。

はじめに土やプランター、種、肥料などが必要ですが、100均で十分揃います。水耕栽培なら、キッチンで始められます。

【楽天】お部屋でできる!野菜づくり はじめての水耕栽培【本】

【料理・お菓子・パン作り】

毎日の料理、一人分では作るより買った方が安い…なんてことありませんか?

ですが、冷蔵庫の掃除を兼ねた料理は、意外と達成感があります。ちょっとだけ残った野菜や、使い切れない調味料を活かし、普段作らない料理に挑戦するのも良いでしょう。

パン作りは難しいと思われがちですが、オーブンなしこねないパン作りなどを参考に挑戦してみてください。週末には手作りおつまみで晩酌するのも楽しそうですね。

また、1回1,000円でプロのシェフから学べる、オンライン料理教室もおすすめですよ。

他にも自宅でできるものとして、ハンドメイド・脳トレ・マンダラ塗り絵・無料のオンライン講座などがあります。

また、隙間時間を使って在宅ワークで稼ぐことも可能です。50代の一人暮らし、老後を見据えて副業を始めるのも一つの手段ではないでしょうか?

アウトドアの楽しみ方

  • ウォーキング
  • ちょっとだけ遠出してみる

【ウォーキング】

家の周辺だけでなく、近くの公園や駅までの道、気になる場所を歩いてみると、思わぬ発見があったりします。

ウォーキングならお金もかからないし、足腰を鍛えるにも効果的なので、習慣的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

【ちょっとだけ遠出してみる】

おにぎりと飲み物もって、ちょっとだけ遠出・知らない場所に出かけてみるのも刺激になって良いかもしれません。

方向音痴な方は、事前に行き方などを調べておきましょう。計画を立てるのもワクワクしそうですね。

50代の一人暮らし、お金をかけなくても時間の使い方次第で、毎日を満喫することは可能です。

ですが、「はじめてみたけれど飽きっぽくて続かない」、そんな方は「達成したい目標を立てる」のがおすすめです。

例えば書籍なら「このシリーズを全部読み切る」とか、映画なら「1ヵ月で何本観る」、ウォーキングなら「毎日1万歩!」など、自分だけの目標を立ててみましょう。達成感は継続につながりますよ。

老後生活を楽しむため、今すべきこと

一人暮らしを楽しむのは大事ですが、同時に老後を見据えた備えも必要です。具体的には

  • 健康に気をつける
  • けがや病気、体調不良に備える
  • 老後を見据えたマネープラン
  • 仕事以外で人とのつながり

健康に配慮する

まだまだ元気な50代ですが、いくつになっても「自分のことは自分で」対処できるよう、健康に気をつけましょう。

大事にしたいのは、栄養バランスの良い食事と毎日の運動。

家庭菜園で野菜を作ったり、毎日1万歩を目標にウォーキングするのがおすすめですよ。

ケガ・病気・不調に備える

50代女性の場合、更年期障害の見られる年齢。また、骨粗しょう症のリスクも高く、骨折から入院、寝たきりになるケースもあります。

この先起こり得る不調に備え、予備知識をつけておくのも対策になるでしょう。

万が一に備え、加入してる保険の内容を把握しておき、自分の代りに連絡してもらう可能性のある家族などにも、保管会社の連絡先を知らせておくのもよいでしょう。

マネープラン

老後の準備の中で、マネープランは欠かせません。

将来的に受け取れる年金額や、必要な老後資金は早めに確認しておきましょう。行政に無料の相談窓口などがあれば、積極的に利用するのもおすすめです。

50代一人暮らしで働いてるなら、今から計画的に貯蓄を検討していきましょう。

人とのつながりを大切に

職場だけでなく、家族やご近所さんとのつながりも大切にしましょう。

そのためには、町内会のイベントに参加したり、趣味を通じて出会いを増やしていくのも良いでしょう。

ただし、人付き合いに疲れて悩みを抱えることもあるので、「広く浅く」くらいが丁度良いかもしれません。

まとめ

50代の一人暮らしは、周囲からは寂しそうに見えるかもしれませんが、意外とみんな気楽に過ごしているもので、お金をかけずに楽しむ方法はたくさんあります。

とはいえ、老後の生活を見据えた備えも必要で、なかでもマネープランを立てることは大切です。

今の生活と老後に必要な出費を把握し、将来もらえる年金額と照らし合わせ、お金が足りないようならすぐにでも貯蓄を始めましょう。

また、副業が解禁されてる会社なら、副業を始めるのもおすすめです。自分の好きなことやスキルを活かせる仕事も見つかるかもしれません。

また、隙間時間に在宅でできるコールセンターのお仕事もおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました