50代のオシャレな生き方とは?「上手に自己表現できること」かな?!

「50代のオシャレな生き方」に定義はありません。

なので「上手に自己表現できる人」は、”オシャレな生き方してるなぁ”と私は思います。

「自己表現できる人」は、まず自分を良く知っています。そして良い意味で”こだわり”というか、自分の価値観を持ってます。人と比べることなく”自分は自分”という信念を持って、自分を楽しんでいるように見えるんですね。

その姿が「オシャレな生き方」だと思うんです。

御洒落とは?
服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、その様や、その人。

goo辞書より

オシャレな50代とは?

そもそもオシャレという表現は、ファッションや料理・モノ・空間などに対して使われるれる言葉。「生き方」となると、感じ方も人それぞれなので難しいですね。

とはいえ、1つ言えることとして「外見に気を配れない人」は、たとえバリバリ仕事ができ、人生を楽しんでるように見えても、オシャレとは言えません。

50代の外見的なオシャレとは?

トレンドをおさえつつ年齢に合ったデザインや色を選ぶこと。

若い頃に比べると体型も変わり、地味な服を選ぶようになったと思いませんか?

これは「50代」という歳が頭の片隅にあり、無意識に服装にも現れるからです。

また50代ともなると、「自分のスタイル」が確立されてきているので、どうしても新しいファッションを取り入れる機会が少なくなります。

気づくと、同じコートを何年も着続けていたり、新しい服も無難なものを選んでませんか?髪型やメイクにしても、”こだわり”があるとはいえ、時折周囲を見渡してブラッシュアップする必要があるかもしれません。

外見的なオシャレを心がけると、気持ちも明るくなり、行動したくなるもの。オシャレ1つで生活全体に活気が出るので、生き方を変える良い機会にもなるのです。

とはいえ、「今さら何を着たらよいか分からない…」と言う方は、プロに任せてしまいましょう。

例えば、ファッションサブスクのエアークローゼットなら、無料診断で約50項目の情報をスタイリストに送信すると、一人一人に合った服を選んで、自宅に届けてくれます。

自分に似合うと思って選んだ服って、結局同じようなモノばかりでマンネリ化してませんか?

ショップで見たときはつい、「これ素敵!」と思って買ってみたけど、いざ家で着てみたら「なんか違う…」とか、「この服に合わせるパンツがない…」なんてことありませんか?

家事や仕事に忙しいなかで、毎朝「今日は何着ていこう…」がストレスになってませんか?

エアークローゼットなら、テレビや雑誌などで活躍するプロのスタイリストが、その人に合った服をチョイス。着こなすポイントも教えてくれるので、自分の服との組み合わせに困ることがありません。

また、服はレンタルだから普段は着ないような服にも、挑戦することができます。

アイテムは自宅に届くので、そのまま着るだけ。プロの選ぶ服を参考にすることで、自然とファッションセンスが身に付くので、一度試してみてはいかがでしょうか?

また、オシャレにはスキンケアも大事です。

年齢を重ねてくると、フェイスラインや目元、口元がたるんで老けた印象になってきます。これは顔の筋肉が衰えてきたからなんですね。

さらに、肌に含まれるコラーゲンが減少すると、シワやたるみが発生します。

50代ともなると、スキンケアだけでは肌悩みを解消することが難しくなります。とはいえ、エステに通うとなると、時間も費用も掛かりますね。

そこでおすすめなのが、日本の最新美容マシンのルクセア。

エステサロンでも導入されるほどのパワーがあり、とても満足度の高い美顔器です。

ルクセアは、世界21ヵ国で採用された日本の先端技術を搭載しており、リフトアップ・色白ハリ肌・美容成分の浸透率14倍で、50代でも理想の肌へ導きます。

5年保証・プロ仕様のルクセア、気になる方はチェックしてみてください。

オシャレなライフスタイル

50代のオシャレな生き方とは、これまでに出会った人の考え方や自分で得た情報をもとに、”自分のあり方はコレ”と言ったものを見出した、言い換えれば上手に年齢を重ねてきた結果だと思います。

また、基本的なライフスタイルは変わらないけど、ステージに合わせて修正するのも大事。

この先の小さな積み重ねが、60代70代の未来を作っていくのだから、今日一日を大切にするのが基本。

そんなライフスタイルの中で、特に50代で考えるべきは「お金の問題」。仕事や趣味、健康であると同時に、経済的な安定は欠かせないからです。

老後資金や、万が一の時、親の介護など、考えだしたら不安は尽きません。給料アップが見込めなかったり、予想外の出費がかさんで、思うように貯金ができなといった悩みは、50代だけに限るものではありません。

ですが、やみくもに焦ったり不安に考え込むのではなく、冷静に備えをはじめましょう。

国が後押しして進める、NISAやiDeCoなら、税制面でもお得な運用方法で、安全性も高いです。

とはいえ、投資ですから全くリスクがないわけではありません。まずは、自分で情報を収集したり、信頼できるセミナーに参加して、お金についての正しい知識を身につけることが何よりも大切ですよ。

例えば、積み立て投資のひふみ投信は、手数料がかからず1,000円から資産形成が始められます。セミナーやYouTubeの動画配信などを通じて、お金についても学ぶことができるので、是非参考にしてみてください。

まとめ

50代オシャレな生き方とは、「上手に自己表現できる」人の生き方だと私は思います。

自己表現できる人は、自分のことを良く知っていて、「自分は自分」という考え方ができ良い意味でのこだわりもあります。

とはいえ、「オシャレな生き方」に外見的なオシャレも必要で、身の丈に合った服を着こなし、スキンケアも欠かせません。

そして、60代70代の未来に向けて、お金に関する正しい情報と経済的な安定を得ることも重要な課題と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました