人参の花は食べられる!でも花が咲いた人参は食べれない

人参の花は6月~8月頃に咲き、素揚げや天ぷらにして食べることができます。(咲き始めが食べ頃です)

一方、家庭菜園などで収穫しなかった人参に花が咲いた場合は、とう立ちをして(※1)硬くなり、人参自体は食べることはできません。

ちなみに、人参は冷蔵庫で保存しておけば、根っこや葉が生えることがあっても、花が咲くことはありません。(根っこや葉が生えても人参自体、腐るまで食べれます)

※1「とう立ち」とは?

「トウ」は花を咲かせる茎の意味で、花芽がついた茎が伸びた状態を「トウ立ち」といいます。

植物は、温度や日長などの条件に感応して花芽ができるもとの一定の大きさに成長すると花芽ができる植物があります。

「サカタのタネ・園芸通信」より

人参の花は食べられるけど、どんな味?

人参の花の味は?

天ぷらにした方の感想によると、「しっかり人参の香りも苦みもあり、美味しい」とのこと。

人参は『セリ科』の野菜で、葉の部分(こちらも食べれます)には独特な苦みがあります。

子孫を残すための花には、人参そのものと葉の要素が含まれている味ということですね。

なので、人参の花を食べるなら”生”ではなく、高温でサッと揚げる天ぷらや素揚げが良いと思います。

とは言え、一般的に人参の花は流通してませんので、「是非食べてみたい」という方はこちら(あんがとう農園)をご覧ください。

花が咲いた人参は硬くて食べれない

収穫の時期を過ぎ花が咲いた人参は、子孫を残すための種が作られ、そのために栄養分が消費されるので、硬くなって食べることができません。

ですが、硬い部分は人参の中心に集中するので、その部分だけうまく取り除ければ、食べれないこともありませんが…

食べれない部分がどれくらいかは、切ってみないと分からないので、その労力を考えると、食べない方が無難でしょう。

花が咲いてしまった人参は食べれませんが、とう立ちして間もない頃、つまり花が咲く前なら(背丈として40cmくらいまで)、収穫して食べることができます。

冷蔵庫で保存すれば、花は咲かない

人参の花は6月~8月にかけて咲きます。この時期、日本の平均気温を調べてみると、23.2℃~29.1℃。(気象庁・データより)

冷蔵庫の野菜室は、約2~5℃に設定されているのが一般的。なので、人参を冷蔵庫で保存してれば、根っこや葉っぱは生えても、花が咲くことはありません。

ちなみに、冷蔵庫に保存した人参に根っこや葉っぱが生えるということはあります。この場合、「まだ人参に、成長に必要な栄養素が残っている」証拠ですから、食べても問題ないといえます。

人参の花の色は?白だけじゃなかった!

冒頭の写真でも紹介しているように、人参は白いレースのような花が咲きます。

が、ある方のブログには『人参畑で黄色い花が咲いた』とか!(こちらの記事)突然変異でしょうか?植物にも不思議なことが起きるものですね。

不思議といえば、同じ種類の種から『白いニンジンができる』こともあるようです。

これは、ごく稀に見られる「先祖返り」と呼ばれるもので、原種の特徴を持った人参ができることがあるということです。ちなみに「先祖返りの白い人参」は、食べれても美味しくはないとのことです。

まとめ

家庭菜園などで収穫しなかった人参は、6月~8月にかけて白い花を咲かせ、「人参の花」として食べることができます。

一方、土の中の人参は収穫しても、花が咲いてしまった後は、硬くなって食べることができません。

もし、食べきれないほどの人参が出来たときは、いったん収穫し冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

人参は湿気に弱いため、1本1本新聞紙で包んであげると、より長持ちします。(葉っぱは切り落としておいた方が良いでしょう)

▼楽天で人参の種を見る▼
【 恋うさぎ 】 ペレット小袋(250粒)

タイトルとURLをコピーしました