2021-08

育てる

放置しても育つ冬野菜、秋から始めて冬の間と春に収穫!

夏の暑さがおさまると、害虫や雑草の心配も少なくなり野菜が育てやすくなります。中でもコカブのように短期間で栽培できるものや、葉ゴボウなら培養土の袋で放置しても収穫できます。とはいえ、枯らさないためには土が乾燥しない程度の水やりと、1~2回の追肥は必要です。
育てる

スティックセニョールに花蕾(実)ができない?原因は種まきのタイミングと肥料

スティックセニョールは春と秋に栽培しますが、種まきのタイミングがズレると花蕾が小さかったりできない事があります。また肥料に窒素を多く与えると、葉ばかりが成長し花蕾ができない事もあります。ここではスティックセニョールに花蕾ができない、小さいくなる原因と対処法を解説します。
育てる

シェア畑・東京都内の空き状況と料金まとめ&新農園のご案内

東京都内にあるシェア畑は、現在41ヶ所。 なかでも、『竹ノ塚・上池台・碑文谷3丁目』にあるシェア畑は、比較的新しいので、いつでも農園見学・利用が可能です。(2021.08.15現在) 気になる方は「ZOOM無料説明会」、あるい...
育てる

にんにく栽培で葉っぱ枯れる原因はおもに3つ、「生理的な現象・肥料・病害虫」

にんにくは秋に植え付け冬になると成長が止まり、地上部分が枯れたようになります。気温が上がりだす3月になると、再び葉が伸び実を太らせ全体の2/3ほど枯れたら収穫のサインです。にんにく栽培中には他にも枯れることがあるので、その原因と対処法を分かりやすく解説します。
育てる

ミニ白菜の種まき時期と育て方・最適なのは8月~9月です

ミニ白菜は栽培期間が短く、株間も15cm~植えられるのでプランターでも育てやすい野菜です。ですが、寒さに弱いので霜が降りる前に収穫できるよう、種まきの時期を見極めるのが大切。ここでは人気の品種「お黄にいり」を例に、ミニ白菜の栽培方法を解説してます。
タイトルとURLをコピーしました